松山英樹、シーズン初戦は5位で終えている(撮影:GettyImages)

写真拡大

<CIMBクラシック 最終日◇15日◇TPCクアラルンプール(7,005ヤード・パー72)>
マレーシアのTPCクアラルンプールで行われている米国男子ツアー「CIMBクラシック」の最終日。全選手がこの日の競技を終了。シーズン初戦の松山英樹は6打差逆転を狙う最終ラウンドでスコアを1つ伸ばすに留め、トータル16アンダー5位タイで大会を終えた。
【関連動画】松山がホールインワン寸前のスーパーショット!
6打差の4位タイから出た松山はパー4でバーディを先行させるも、その後はなかなかスコアが伸ばせない展開が続く。後半11番でようやくこの日2つ目のバーディを奪ったが、続く12番から連続ボギー。最終18番はバーディで締めたが、この日3バーディ・2ボギーの“71”と首位を追撃できず、自身の開幕戦を勝利で飾ることはできなかった。
トータル24アンダーで後続をかわしたパット・ペレス(米国)がツアー通算3勝目。4打差2位にキーガン・ブラッドリー(米国)、7打差3位タイに昨季のルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したザンダー・シャウフェレ(米国)、カン・スン(韓国)が入った。
大会3連覇を狙ったジャスティン・トーマス(米国)はトータル11アンダー17位タイ。日本シニアツアー賞金ランク首位のプラヤド・マークセン(タイ)はトータル5アンダー44位タイで4日間を終えている。
【最終結果】
優勝:パット・ペレス(-24)
2位:キーガン・ブラッドリー(-20)
3位T:ザンダー・シャウフェレ(-17)
3位T:カン・スン(-17)
5位T:松山英樹(-16)
5位T:キャメロン・スミス(-16)
7位T:ポール・ケーシー(-4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>

CIMBクラシック 最終結果
米国の人気者“あのペレス”の勝利の意味【舩越園子コラム】
マキロイ、デイ、スピース… ライバル達の松山英樹に対する評価は?
石川遼、国内復帰戦は予選落ち スイング修正には「何千球という球数がかかる」
【松山英樹のパッティング解説】グリップは下手から握って真っすぐヘッドを出す