これがカボチャの彫刻?!独自の技術を駆使して作り出す「ジャック・オー・ランタン」が芸術的

写真拡大

カボチャをくり抜いて作る提灯「ジャック・オー・ランタン」は、ハロウィン・デコレーションの代表格。

あまりに芸術的な「ジャック・オー・ランタン」を作るアーティストをご紹介いたします!

独自に編み出した技法を使ってランタンを制作

こちらは映画『スター・ウォーズ』でおなじみのキャラクターたち。











今にも動き出しそうなほど、生き生きとした姿が印象的です♡











この「ジャック・オー・ランタン」を作っているのは、Alex Werさん。





彼が独自に編み出した「“4 color” technique(4色テクニック)」という彫刻方法を使って、作り出しているのだそう。





複数の深度でカボチャを彫ることで、内部から明かりを照らされたときに複雑な陰影が生まれるのだとか。





Alexさんは、2013年「The Geekie Awards」にて、「Best Art or Craft(ベスト・アート・オア・クラフト」部門で優勝した実力の持ち主なのです。

立体感と陰影に富んでいるカボチャの彫刻

マーベル映画に出てくるスーパーヒーローたちも、この通り。











とてもカボチャを彫刻して作られたとは思えないほど、立体感と陰影に富んでいます!

ミッキー・マウスなどのかわいいディズニー・キャラクターから、キュートなプリンセスたちのランタンなどなど…











おなじみのキャラクターたちを彫刻したカボチャが勢揃いしています。





彼は、「The Pumpkin Geek(ザ・パンプキン・ギーク)」として、「ジャック・オー・ランタン」をオーダー制作しているとのこと。











Alexさんの作品が気になった方は、ぜひ公式ウェブサイトやInstagramをチェックしてみて♪

The Pumpkin Geek

http://www.thepumpkingeek.com/

Instagram (thepumpkingeek)

https://www.instagram.com/thepumpkingeek/