現地時間10月10日に開催された「BETヒップ・ホップ・アワード」に登場したエミネムが、ドナルド・トランプ米大統領をフリースタイルで痛烈にディスった。

https://youtu.be/LunHybOKIjU

出典: youtu.be

今年の同アワードでは、最優秀ヒップホップ・ビデオ賞などに選ばれたケンドリック・ラマーをはじめ、「フィーチャリングなしの女性ラッパーとして19年ぶりに米シングルチャート首位を獲得」という偉業を成し遂げたCardi B(彼氏はMIGOSのOffset!)、そして大御所ジェイ・Zらが賞を獲得。

そしてエミネムは、『The Storm』なるフリースタイル曲を故郷デトロイトの駐車場から披露。この中で、トランプ大統領を“アバズレ”“レイシスト(人種差別主義者)”などと批判しまくったのである。(以下はその一部の意訳)。

「アメリカの今の大統領は(北朝鮮による)核の大惨事を引き起こしかねない“カミカゼ”だ」

「人種差別のことしか頭にない 日焼けしたオレンジ野郎 腰抜けだから 俺たちの堅い結束をぶち壊したいのさ」

「トランプは耐えられないんだ 俺たちが奴など怖くないってことにな」

「(奴は)NFLを攻撃してるけど 俺たちは(この夏のハリケーンで甚大な被害を受けた)プエルトリコやネバダ(同州ラスベガスでの銃乱射事件をきっかけにした)銃問題を語ろうぜ」

「税率を下げるなんて言うけど そしたら誰がお前ら家族のバカ高い移動費用を払うのさ?」

「声なき人々に声を与えたらどうなんだ」

「俺のファンでトランプを支持する奴に言う はっきりさせようぜ 俺かトランプのどっちを取るか決められないのか? F*** You!」(ファンへの挑発)

「コリンに捧ぐ 握りしめた拳を掲げ トランプに向け続けるんだ」
(※2016年に黒人への警察の暴力に抗議し、国歌斉唱の際に起立を拒否したことで物議を醸したNFLのQBコリン・キャパニック選手へのエール。同選手からは「エミネム、ありがとう」のツイートも)

最後にエミネムは「アメリカよ立ち上がれ 俺たちは自分の国を愛してるし、軍隊も大事に思ってる だけどトランプは大嫌いだ」と締めくくった。そして動画を公開した<BET>のTwitter投稿には、

「オレンジの(顔色をした)大統領は自分が選んだ大統領じゃない」
「オバマ(前大統領)こそ私が認める大統領」
「(エミネムの)言いたいことはわかった。さて、次は @トランプ大統領 の意見を聞こうじゃないの。大統領、どう答える?」

などなど、エミネムへの賛同や大統領への挑発コメントが寄せられている。とはいえ、その後もトランプ大統領のツイートは通常運転。相変わらずの右曲がり発言を繰り返している。

「NFLの(コミッショナー)ロジャー・グッデルは国歌斉唱の際、全ての選手を立ち上がらせるべきだ。自分の国に敬意を払いたまえ」

さて、エミネムの反トランプ姿勢は一貫しており、米大統領選1ヶ月前の2016年10月に発表した『Campaign Speech(選挙演説/応援演説)』でも「トランプは何も考えないで核ボタンを押しちゃうキチ○イ」「トランプ支持者なんか 一掃しちまえ」など、激しい批判を展開していた。