【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の韓国首席代表を務める李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と米首席代表のジョセフ・ユン国務省北朝鮮担当特別代表が今週中にソウルで会談する。外交筋が15日、明らかにした。

 会談は先月就任した李氏とユン氏の初顔合わせの場となる。両氏は北朝鮮が新たな挑発行為に出る可能性について情報を共有し、国連安全保障理事会制裁決議の徹底的な履行を通じた北朝鮮への制裁・圧力の強化について意見交換する見通しだ。

 また、北朝鮮の「完全で検証可能かつ不可逆的な核廃棄(CVID)」が必要との原則を確認する一方、北朝鮮を非核化交渉のテーブルにつかせるための方策や交渉再開の条件などについても協議するとみられる。

 李氏は日本首席代表の金杉憲治・外務省アジア大洋州局長とも今週会談する予定だ。金杉氏は、18日にソウルで開かれる韓米日外務次官協議に出席する杉山晋輔外務事務次官に同行し訪韓する。