松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

CIMBクラシック、シーズン初戦で5位タイ

 米男子ゴルフのCIMBクラシック最終日は15日、4位から出た松山英樹(レクサス)は3バーディー、2ボギーの「71」で回り、通算16アンダーで5位タイ。優勝で飾ることはできなかったが、奮闘でシーズン初戦は上々の滑り出しとなった。優勝はパット・ペレス(米国)が通算24アンダーで飾った。

 松山は前半の4番パー3でこの日初のバーディーを奪取。しかし、怒涛の5連続バーディーもあった前日とは対照的に、その後は我慢のゴルフとなった。前半を1バーディーで折り返すと、後半の11番パー3でバーディー。勢いに乗るかと思われたが、続く12番から連続ボギー。16番はバーディーチャンスを惜しくも外し、膝から崩れ落ちたが、最終18番パー5をバーディー。アンダーパーで締めた。

 それでも、大会2連覇中だった宿敵のジャスティン・トーマス(米国)が11アンダーにとどまった一方で6位と奮闘。シーズン初戦を上々の滑り出しを見せた。悲願のメジャー制覇がかかる今季、世界のマツヤマに期待は高まるばかりだ。