ゲンティン・シンガポールは、日本オフィスを東京に開設した。

研究や市場調査、プロモーション、投資などを目的としたもので、日本でのカジノを含む統合型リゾート建設の議論が活発化する中、日本進出を狙った動きとみられる。

ゲンティン・グループは、マレーシアに本拠地を置くコングロマリット。ゲンティン・シンガポールは、シンガポールのセントーサ島でリゾート・ワールド・セントーサも運営している。