厚塗りファンデは卒業!肌悩みに合ったコントロールカラーで、ナチュラルな理想の肌に。

写真拡大

最近海外セレブの間でコントロールカラーやシェーディングを使った、整形並みのメイクが流行中。肌を色補正する化粧下地「コントロールカラー」を使うことで驚きの立体感を演出し、まるで別人のような雰囲気に仕上げる女優やモデルがインスタで注目を集めている。

日本でもコントロールカラー商品を多く見かけるようになったが、ナチュラル志向が強いのか、コントロールカラーを上手に使いこなせている日本人女性はまだまだ少ないと言われている。
さらに肌悩みをコンシーラーやファンデーションで隠そうとするあまり、厚塗りになってしまう傾向もあるようだ。

そんな日本人女性でも使いやすく、肌悩み別にカスタマイズされたプチプラなコントロールカラーが、コージー本舗から今年9月1日に発売された。

 
「カバーファクトリー カラーコントロールベース」は肌悩みに合わせて選べるカラーコントロール化粧下地で、「ブルー(くすみ、ゴワつき肌)」「ピンク(目の下のクマ、血色感)」「グリーン(赤ら顔、ニキビ跡)」の3色を展開(各¥1,200/税抜)。
カラーカプセルパウダーが肌の上で弾けてとけこむようになじみ、ブルー・ピンク・グリーンの色がそれぞれの肌悩みにアプローチすることで、肌の色ムラを整える。

さらに、小鼻や頬まわりの毛穴をカバーし、ファンデーションのノリもUP。SPF33・PA+++で日常紫外線もカットしてくれる。
夏のアウトドアレジャーによる日焼けや肌荒れ、乾燥によるこの季節に気になり始める大人ニキビ、寝不足によるクマなど、肌悩みに合わせて選べるのもうれしい。

他のコントロールカラー商品では、透明感を高め滑らかな肌に格上げする「イプサ コントロールベイス(¥2,800/税抜)」や、美しい肌色を巧みに修正する「エレガンス モデリング カラーベース EX(¥4,500/税抜)」などもオススメ。

また毛穴の凹凸が気になる人には、くすみや赤みなどの色ムラもカバーし、きめ細かい肌を演出する「SHISEIDO リファイニング メーキャッププライマー(\3,800/税別)」や、ラベンダー色のパールがくすみ感をとばし輝く明るい肌に仕上げる「ポール & ジョー ボーテ ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー(\4,000/税抜)」もイチオシのアイテムだ。

肌の悩みが多くなり始めるこの季節。ファンデーションの厚塗りは卒業して、コントロールカラーでナチュラルな理想の肌に仕上げてみてはいかがだろうか?