U-17日本代表の中村敬斗【写真:Getty Images】

写真拡大

 U-17日本代表は14日、U-17W杯のグループステージ第3戦でニューカレドニアと対戦して1-1で引き分けた。

 序盤に先制ゴールを挙げた中村敬斗は試合後、「ニューカレドニアはフランスにもホンジュラスにも大差で負けていて、前半はもっといい形で1点取れていれば、後半もっと楽な試合運びできたかなと思っています」と、ドローを悔やんだ。

 自身は今大会4得点目。現時点で得点王争いにも絡んでいるが、「前半の頭は飛ばしていた部分があったので、ちょっと疲れでうまくポジショニングを早く取れなかったりで、うまくいかなかった」とパフォーマンスには納得していない。

 チーム唯一の先発出場で若干の疲れも見えたが、森山佳郎監督からの信頼に「うれしかった」と語る中村。だが、やはり先発メンバーが11日のフランス戦から9人変わったことの影響を感じており、チーム全体の連係に課題を感じていたようだ。

 とはいえ、次からは負けたら終わりの決勝トーナメントになる。文字通りの総力戦であり、これまでに出た課題は早急に改善していかなければならない。中村は17日に行われるラウンド16のイングランド戦に向けて「(相手は)グループリーグで強い相手とやっていて、たぶんかなりいい状態にあると思うので、このまま僕たちのぬるい雰囲気でいったら完全に食われる」と危機感を口にする。

 もちろんフランス戦までの雰囲気がぬるかったわけではないと前置きするが、ニューカレドニア戦でさらに「ギア上げないとマズい」と痛感したようだ。

 次の試合まで残された時間は少ないが、回復と課題の修正に努め、グループステージを圧倒的な強さで勝ち上がってきたイングランドに挑む。

(取材・文:舩木渉【コルカタ】)

text by 編集部