玉森裕太、小山慶一郎、古川雄輝の肉体が見どころ?共演者が興味津々

写真拡大

Kis-My-Ft2の玉森裕太が15日、都内で行われた金曜ナイトドラマ『重要参考人探偵』(テレビ朝日系列、10月20日より毎週金曜23:15〜)の制作発表会見に出席。会見では西岡徳馬、 滝藤賢一ら共演者が玉森の肉体を絶賛。西岡は玉森について「華奢に見えるけど、裸になったらすごい」とコメントして会場にいた女性ファンをわかせた。

「月刊フラワーズ」(小学館刊)で連載中の絹田村子氏による同名漫画を初映像化した本ドラマは“なぜかいつも死体の第一発見者になってしまう不幸体質の男”弥木圭(玉森)が周防斎(小山慶一郎)、シモン藤馬(古川雄輝)らモデル仲間たちと殺人事件の謎を解いていくコメディ調のミステリードラマ。会見には玉森、小山、古川、西岡、滝藤のほか、新木優子、豊原功補が出席した。

西岡は一年に一度、必ずジャニーズ事務所のタレントと共演していると言い「自分はジャニーズ係かと思ってしまう。仲良くしていますよ。みんな礼儀正しくて大好き」とコメント。滝藤も玉森について「きちっとしていますし、綺麗だし、可愛いし……」と絶賛。玉森だけでなく小山、古川を含めたイケメン3人の肉体に興味津々で、「みんな細マッチョでラインが綺麗。小山くんは想像以上に鍛えていて腕も太くてでかくて……」と感心しきり。

これに対して玉森は、肉体維持のためのトレーニング方法について紹介。「懸垂が好きです。懸垂ひとつで胸だったりいろんなところが鍛えられるし」と明かし、小山も「もともとストレス発散でジムに行くのが好き。でも洋服とか肩幅が合わなくなってきたので、考えなきゃなっていう気持ちもあります」と述べ、「いつも見せてもいい体になるため、トレーニングに力を入れています」と語った。

古川は、演じる役柄について「マッチョで明るい、という僕にない要素が詰まったキャラクター」と説明し、「その分チャレンジだと思ってやっていますがドラマの中で腹筋を見せるシーンがあるので、1か月前からトレーニング始めました」と告白。「体重は1か月で3キロくらい落しました」と話すと、小山が「この腹筋は見どころのひとつ」とその鍛えっぷりに太鼓判を押した。

玉森は毎回死体の第一発見者になってしまうついていない主人公を熱演しているが、「死体を見た時のリアクションとか、毎回同じにするんじゃなく、表情とか動きとかに変化を入れて見飽きないように工夫しています」と自身の役作りについてコメント。小山は連続ドラマ出演5年ぶり。「ドラマの現場はどんなものだったかということを思い出すことからはじめました。セリフを暗記するのも久しぶり。玉ちゃんはしっかり長いセリフを覚えているので、後輩の前で先輩としてしっかりしないとなと思いながらやっています」と話していた。