ジャガーの最上級サルーン「XJ」。2017年10月13日、2018年モデルの受注が開始されました。2018年モデルの改良点は、従来よりも大型化された10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「Touch Pro」にInControlの通信機能が備えられたプロテクトを標準装備。緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できるようになっています。

コネクティビティ機能も強化され、通信が4G対応となり、最大8台の機器を接続することができるWi-Fiホットスポットによるインターネットにオプションで対応。

さらに「レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)」、「レーンキープ・アシスト」、「ドライバー・コンディション・モニター」などの安全装備が全車に標準装備されています。

ラインナップは、3.0L V型6気筒スーパーチャージャーガソリン、5.0L V型8気筒スーパーチャージャーガソリンの出力違いの計3種類として、グレードは6タイプとなっています。さらに、最高出力575ps、最大トルク700Nmを誇る「XJ」史上最もパワフルな「XJR575」を新たに追加。

「XJR575」は、内・外装ともに専用のデザインが随所に採用されています。エクステリアでは、リヤスポイラーやサイドシル、フロントバンパーやローワー・エアインテーク、ツインボンネットルーバーにグロスブラック仕上げを採用。足元では、レッド・キャリパーが際立つ20インチの「ファラロン・グロスブラック」のアルミホイールを装備。

ボディカラーは、「SVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)」の特別カラーである「ヴェロシティブルー」と「サテンコリスグレー」から選択できます。

ソフトグレインレザーが採用された内装色では、ピメントステッチが施された「エボニー」もしくはエボニーステッチが施された「アイボリー」の2種類を用意。

さらに、トレッドプレートとダッシュボードに「XJR575」バッジを、ダイヤモンド・キルトシートに専用の刺繍が施され、最上級グレードにふさわしい豪華な雰囲気が醸し出されています。

新型ジャガーJXの価格帯は、「XJ LUXURY」の11,490,000円〜「XJ AUTOBIOGRAPHY LONG WHEELBASE」の20,690,000円。「XJR575」は18,870,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】2018年モデルのジャガーXJが登場。575ps/700Nmの「XJR575」を追加設定(http://clicccar.com/2017/10/15/520837/)