【ソウル聯合ニュース】韓国海洋水産部は15日、1〜9月の水産物輸出額(暫定値)が前年同期比10.9%増の17億4000万ドル(約1160億円)になったと発表した。

 9月の輸出額は前年同月比6.4%増加した2億ドルで、6カ月連続で単月の輸出額が2億ドル以上となった。増加は17カ月連続。

 とりわけ、ノリの輸出額増加が目立った。中国と日本でノリが不作となり韓国産ノリの需要が急増。1〜9月のノリの輸出額は前年同期比50.3%増の4億1000万ドルだった。マグロも輸出価格の上昇で同5.5%増の4億3000万ドルに上った。

 輸出相手国上位10カ国・地域への輸出は、香港を除きいずれも伸びた。最大輸出先である日本への輸出額は同10.2%増の5億9000万ドルとなった。