松山英樹、前半での追い上げはならなかった(撮影:GettyImages)

写真拡大

<CIMBクラシック 最終日◇15日◇TPCクアラルンプール(7,005ヤード・パー72)>
マレーシアのTPCクアラルンプールで行われている米国男子ツアー「CIMBクラシック」の最終日。全選手が前半の競技を終え、最終組の1つ前を回る松山英樹は前半でスコアを1つ伸ばすに留め、トータル16アンダー5位に後退。首位との差は8打に広がっている。
【関連動画】松山英樹がホールインワン寸前のスーパーショット!
トータル24アンダー単独首位にパット・ペレス(米国)、5打差2位にカン・スン(韓国)、6打差3位にキーガン・ブラッドリー(米国)が続いている。
大会3連覇がかかるジャスティン・トーマス(米国)は13ホールを消化し、トータル9アンダー23位タイ。日本シニアツアー賞金ランク首位のプラヤド・マークセン(タイ)はトータル5アンダー43位タイとしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹逆転優勝なるか「CIMBクラシック」の最新順位はこちらでチェック!
ベストスコア“63”で4位浮上!松山英樹逆転優勝へ「とりあえず20アンダー目指す」
石川遼、国内復帰戦は予選落ち スイング修正には「何千球という球数がかかる」
石川遼が自身のショットを解説 10年間でのベストスイングは?
【松山英樹のアプローチスイング解説】ハンドファーストでなくシャフトを真っすぐに構えて距離感が合う