ポドルスキが元チームメイトの浦和DF槙野智章との再会を喜ぶ「ケルンの仲間に会うのはいつでも最高」

写真拡大

▽ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが旧友との再会を喜んだ。自身のツイッター(@Podolski10)に1枚の写真を投稿した。

▽神戸は14日、明治安田生命J1リーグ第29節で浦和レッズと対戦。試合は1-1のドローに終わった。ポドルスキはこの試合に先発出場したが、浦和には旧友がいた。日本代表DF槙野智章だ。

▽槙野は2010年12月にサンフレッチェ広島からケルンへと完全移籍。ポドルスキとはケルンでチームメイトとして1シーズンプレーしていた。

▽14日の試合は、槙野が欠場したためピッチ上での再会とはならなかったものの、試合後にユニフォーム交換を行なった様子。ポドルスキは、槙野との2ショットを投稿し、「久しぶりだけど、ケルンの仲間に会うのはいつでも最高だね」とメッセージを投稿していた。

▽槙野も自身のツイッター(@tonji5)に同じ写真を投稿。久々のポドルスキとの再会を喜んでいた。

「久々にルーカスと再会。俺にとってかけがえのない親友であり、サッカー選手。彼からは多くの事を学び、たくさん笑わしてくれる男だ!国を越えて、また日本で一緒に闘える事を誇りに思う。」