@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

text & photo:Kazuhide Ueno(上野和秀)

ロータス 今後の展望語る

先ごろ行われた「LOTUS NEW RANGE プレス発表会」の場において、ロータス社で中東・アジアのセールス責任者を務めるライアン・ワトソン氏が来日し、これからの展望が語られた。

あわせて日本総代理店のLCI代表取締役社長の高橋一穂氏から日本での戦略が説明された。ロータス・ファンならずとも気になるロータスの展望をご紹介しよう。

ライアン・ワトソン/ロータス中東・アジア・セールス責任者

本日は皆さまの前でお話しできることを嬉しく思います。ロータス社創始者のコリン・チャップマン曰く、「パワーを上げればストレートでは速い、しかし軽くすればどこでも速くなる」という言葉があります。

またコリン・チャップマンの有名な言葉として「グリーンフラッグが振り降ろされる時にグリッドにいなければレースにならない」とあります。

ロータスの基本フィロソフィーとしてピュア・ドライビングがあります。ヴィークル・ダイナミクスに加え軽量化、優れたエアロダイナミクス、そして美しいスタイリングはロータスのDNAです。

本日は新しいロータスのモデルレンジについて紹介させていただきます。わたしどもは日本で販売を行うLCIの方々から助言を得て、特別なマーケットの要求に応えたモデルを作ってきました。

ここで先月にジーリー(吉利汽車)とエチカが新しいロータスの上位株主になりましたことをお知らせいたします。新たなパートナーと共に未来に進むことを楽しみにしています。これにより世界中でロータスというブランドを、より競争力のあるものにしてゆきます。

ロータス・グループCEOのジャン・マーク・ゲイルズによれば、「ジーリーが投資したのは過去のロータスではなく、未来のロータスです。これによってロータスの車両開発を進め、より強固な基礎を築いてゆけます」と語ったそうです。

エキシージ・カップ380のオーダー、日本が世界一

今日はこれまでロータスが作ってきた中で最良のモデルをご紹介しましょう。それはエヴォーラGT430です。

ロータスがこれまで作ってきた中で最強のエヴォーラとなるのがGT430です。この場には間に合いませんでしたが、日本市場へは来年早くの導入を予定しています。

そしてGT430には兄弟車があります。それはGT430スポーツです。これはロータス最強のモデルで最高速度は315km/hに達します。限定車となりますが来年初めに生産がスタートする予定で、開発は順調に進んでいます。

日本でロータスの販売はLCI社が輸入代理店となって2003年に始まりました。当初のセールスはあまり目立たない位置からでしたが、LCI社のおかげでロータス・ブランドを成長させ、日本で確固たる位置を築きことができました。これまでに9000台のロータス車が輸入され、日本の道を走っています。

これからも着実に成長してゆきます。そしてLCI社はわたしたちのロータス・ブランドの重要なパートナーとして、その価値を継続的に高めてくれることでしょう。

ここでひとつ付け加えますと、LCI社は世界中で最も多くエキシージ・カップ380をオーダーしていただきました。さらに3イレブンも世界の中で日本が最も多く販売しています。GT430も日本から多くの注文をいただけることを期待しています。皆様のLCI社に対するご厚意に感謝します。

最後にもうひとつ付け加えさせていただきますと、現在日本で19の地区ディーラーを展開していますが、2018年の末までにそれを25拠点にまで増やします。

本日はありがとうございました。この後もロータスのローンチをお楽しみください。

LCI代表取締役社長 高橋一穂氏

これまで各モデルが五月雨に発表されてきましたが、今回のように2018年モデルを一斉にご紹介させていただくのは初めてかと思います。エキシージ380、エヴォーラ410、そして新型エリーゼをご覧いただきます。

前社長のダニー・バハールの時は、どんどん重く、大きく、大馬力という方向に進んでしまう懸念がありましたが、最近は本来のライトウエイトに回帰する方向へ修正されてきました。モデルチェンジの度に軽くなっていて、原点に返りつつあるのはなによりです。

近年は為替の影響から価格が上がってしまいましたが、価格を下げる努力をして参りました。今回は本社と度重なる交渉をしてエリーゼに日本独自の仕様を作ることができ、500万円を切った値段で提供できる努力をいたしました。

車重を軽くするのはメーカーの仕事ですが、低価格にシフトして日本のマーケットで台数を増やせるものと期待しております。これからも皆様のご協力、ご支援のほどお願い申し上げます。