ザッケローニがUAE代表新監督に就任か 現地メディアがドバイ到着と報道

写真拡大

アメリカ代表の後任候補の噂も浮上するなか現地入り UAE協会と条件面での最終交渉か

 元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、UAE代表監督に就任することが決定的になった模様だ。

 UAEメディア「24スポーツ」は、現地時間14日にザック氏がUAEのドバイの空港に到着したことを報じ、最終的な条件交渉に入るとしている。

 UAEは日本代表などと同組になったロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で敗退し、新体制への移行が進められている。2019年に行われる地元開催のアジアカップを重要な大会と位置付けており、それに向けた指揮官としてザック氏に白羽の矢を立て、交渉は最終段階まで進んだようだ。

 そして同メディアによれば、ザック氏はUAE代表を指揮することが決定的な情勢にあるようだ。先日には北中米カリブ海予選で敗退して、W杯行きを逃したアメリカ代表監督の後任に浮上とも報じられたが、その新天地は中東が濃厚となっている模様だ。

 仮にUAE代表を率いるとなれば、19年アジアカップや22年カタールW杯予選で、日本代表ともライバルとして対戦することが予想される。果たして10〜14年に日本を率いて以来となる代表チームの指揮となるのか。UAE入りしたザック氏の動向に注目が集まる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images