ジュビロ磐田でプレイする中村 photo/Getty Images

写真拡大

どれだけ月日が経とうとも、セルティックにとって元日本代表MF中村俊輔は宝のような存在だ。現在中村はジュビロ磐田でプレイしているが、そこでの活躍に英紙も注目している。

英『The Scotish Sun』が取り上げたのは、14日に行われたJ1第29節の清水エスパルス戦での中村の得点だ。後半17分にコーナーキックのチャンスを得ると、中村の蹴った低弾道のボールは誰にも触れることなくゴールイン。かなり珍しい形での得点となったが、同メディアは中村をセットプレイのスペシャリストと称して動画付きで紹介している。

中村といえばフリーキックが代名詞のようなもので、セルティックでも幾度となくチームを救うゴールを決めてきた。そのセットプレイのスペシャリストが魅せた珍ゴールにも同メディアは敏感に反応している。

この得点もあってジュビロは3-0で快勝。順位も5位となっており、ここまでジュビロは想像以上のパフォーマンスを発揮している。その立役者の1人が39歳のレジェンド・中村であることは間違いないだろう。