「ライトウェイトスポーツカー」でお馴染みの英国車「ロータス」。そのロータスの日本正規輸入総代理店「エルシーアイ株式会社」が、全ラインアップを見直す「LOTUS NEW RANGE発表会」を行いました。

キーワードは「LESS MASS MEANS MORE〜より軽く、よりロータスらしく」。全モデルにおいてロータスの持ち味である「ライトウェイト」、つまり「軽量化」をさらに進めたそうです。

登壇したロータス・カーズ ヘッドオブセールスのライアン・ワトソン氏によれば「ロータスはダイナミックな運動性能、ハンドリング、エアロダイナミクスを得意としています。今後は新しく株主となったGELLYやTiKaと共にロータスの新しい未来へと進んでいきます」とのこと。

この日、東京ミッドタウン内のイベント会場で発表&展示されていたのは4台の「ロータス」。

ステージ中央に展示されていたのはより軽量化に特化した「エリーゼ」。これは日本専用モデルで、エアコン、オーディオ、フロアマットなどを取り外したことで、さらに車両重量は856圓悄まさに-15圓離瀬ぅ┘奪函そしてもうひとつのトピックは価格。500万円を切る496.8万円。

「エリーゼ スプリント220」もカーボンファイバーやポリカーボネートの採用でリチウムイオンバッテリーを搭載しつつも878圓如-26圈

 

「エキシージ カップ380」はロータス史上最新最速の282辧h、0-100劼3.7秒。もちろんこちらも-30.2圈さらに「エヴォーラ スポーツ410」においては-70圓盞變眠修気譴襪覆匹垢戮討離皀妊襪之變眠修棒功。

実はこの日の商品プレゼンテーションの時に、機材トラブルでなかなか画像が出てきませんでしたが、広報の谷田さんは冷静に対応。見ているこちらがドキドキ。

というのも、私もイベントなどで画像が出てこないトラブルなどに遭遇したことがあり、その時のことを思い出すと…。さらに谷田さんは一人で広報を切り盛りし、スーパーGTやイベントなどにも常に足を運んでがんばっている姿を目撃しているうえ、今回も代理店などを入れずに自分たちでこのイベントを行っているという話を耳にしたので余計に心の中で応援したくなるのです。

しかもイベントでふるまわれたフィンガーフードには「ロータス」の飾りがついているものもありましたが、それも谷田さん自らが作ったというではありませんか!さすが女性ならではの気遣いです。

その谷田さんに新しい株主(GELLYとTiKa)となることで今後のロータスはどうなるのか、という質問をしたところ「とりあえず今のところ、大きな変更はないと思います。ロータスのSUVも作り計画もあるようですし」とのこと。

ロータスのSUV…?それはかなり興味があります。たしかに世界的SUVブームに乗って、今までラインアップに無かったブランドからもSUVが続々登場しています。

同じく先週、発表会がおこなわれたマセラティも世界でも日本国内でも、販売台数の半分は去年発売されたSUVの「レヴァンテ」だとか。ロータスのSUVということは、軽量なSUV?登場が楽しみです。

(吉田 由美)

スポーツカーブランド「ロータス」の次なる野望とは!? 発表会で敏腕広報にインタビュー!(http://clicccar.com/2017/10/15/521066/)