映画鑑賞後、市民と握手を交わす文大統領(右)=15日、釜山(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)は15日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が第22回釜山国際映画祭(BIFF)に出席し、映画を観賞したと明らかにした。

 韓国の現職大統領が同映画祭に出席したのは初めて。

 文大統領は韓国社会の女性問題を取り上げた「ミッシング 消えた女」(原題)を観賞した。映画観賞後は映画専攻の大学生らと懇談会を開く。

 また、映画祭の野外劇場を視察し、映画関係者らと韓国映画の発展方向などについて懇談する予定だ。