もっと!「日本の美味しさ簡単レシピ」
氷見産のかれい薫製を、ミニトマトと合わせてぱぱっと!ごちそうパスタに。

旅行先で買ったり、おみやげでもらったストックフード、キッチンに埋もれてませんか?その1品、ぱぱっとひと手間加えるだけで、きちんとしたひと皿になるんです。料理家さんたちが提案する、日本各地のストックフードを使った簡単レシピの連載を、より詳しく、コツやポイントとともに紹介します。今回は冷水希三子さんが「かれいの薫製」をアレンジしました。

四皿目 冷水希三子さん×かれいの薫製 スモークの香りのついたかれいを、ほんのりトマト風味のパスタに!

これからの季節、寒ブリでその名を馳せるのが、富山県の氷見。富山湾の中でも氷見沖は特に古くから漁業が盛んで、今も県内随一の漁獲量を誇っているとのこと。四季折々、多様な魚が穫れる氷見産かれいの薫製を、冷水希三子さんがアレンジ!「今回はほんのりトマトの風味を加えたいので、ミニトマトをあえてそのまま入れます」と、冷水さん。かれいにはスモークの香りもしっかりついているので、袋から取り出して混ぜ合わせるだけで本格的なひと皿に。

▶まずは、材料の下準備をします。

今回も、本当にカンタン。パスタをゆでながら、フライパンでぱぱっと材料を炒め合わせるのみ!

▶かれいの薫製を袋から取り出しほぐす。

かれいの身をほぐしておきます。他に合わせるのは、風味付けのにんにく、ミニトマト。ししとうは小口切りにして彩りに。

▶パスタをゆでている間にフライパンで材料を炒める。

まずはフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけて。香りが立ってきたら、ミニトマトを加える。トマトの皮が軽く弾けたら、かれい&ししとうも投入。

ここがポイント↓

トマトを入れたら、蓋やアルミホイルでフライパンをおおい、軽く弾けさせると、トマトの味が濃厚すぎず、ほんのり風味がつく。

▶水を加えて炒めた具材のうま味を出汁のように使う。

パスタを加える前に、よく具材を混ぜ合わせて乳化させ、そこに水を加え出汁のようにしておくこと。これもポイント!ここにゆでたパスタを入れて、よくからませたらできあがり。

▶スモークのきいたかれいに、ほんのりトマト風味がからむ大人味のパスタに。

かれいの薫製そのものがしっかり特徴のある具材になるので、そこに風味をプラスするだけで手軽にごちそうパスタが完成。トマトを少し蒸らすのと、よく混ぜ合わせた具材に水を加え出汁のようにうま味を溶かし込んで、パスタにからめるのがコツ。「このかれいの薫製は、玉子焼きに入れたり、チャーハンにしてもおいしい。同じシリーズで鯖もあり、こちらはポテトサラダに加えたりしてもいいし、オススメです」(冷水さん)。

今回使用したのはこちら。

【かれい薫製】

富山で江戸時代から続く魚問屋が、地元氷見産の鮮度のよいかれいを燻製に。繊細な白身の味わいとスモーク香が楽しめるひと品。756円(税込)。薫製の商品は、他にもホタルイカ、はたはた、かますなどもある。都内では〈日本橋とやま館〉で購入可能。(つりや 富山駅店☎076-471-8108)

今回のレシピはこちら。

【かれいの薫製パスタ】

材料(2人分)
ミニトマト………………16個 
にんにく…………………1片 
カレイの燻製……………1匹 
ししとう…………………8本
EXVオリーブオイル…大さじ3 
パスタ……………………160g 
水…………………………大さじ3 
塩…………………………適量

作り方
1.ニンニクは潰して芯を取り除く。ししとうは、小口切り。カレイは身をほぐして骨は取り除く。パスタは1%の塩を入れた湯で茹でる。
2.フライパンにEXVオリーブオイル大さじ2とニンニクを入れ弱火にかけ、香りが立ってきたらミニトマトを加え、アルミなどで蓋をしてミニトマトが軽く弾けるまで火を通す。
3.2.にカレイとししとうを加え炒めたあと水を入れ沸いたら、茹で上がったパスタを加え絡め、最後に残りのオリーブオイルを加えて混ぜあわせる。

レシピを教えてくれたのは……。

【冷水希三子】

ひやみず・きみこ/料理研究家、フードコーディネーター。著書に『スープとパン』『さっと煮サラダ』など。雑誌、広告などで活躍する一方、主宰する料理教室も人気。

photo:Jun Kato