切り倒した高さ20mを超える木の上に立つ藤田憲一郎さん。

写真拡大

■元銀行マンが移住を決断したわけ

日本三大裸祭りの1つである「古川祭」で知られる岐阜県飛騨市。人口の減少に悩んでおり、昨年3月に市長に就任した都竹(つづく)淳也氏のリーダーシップのもと、空き家の賃貸住宅化をはじめとする支援事業を推進し、移住者の受け入れに積極的に取り組んでいる。

----------

▼岐阜県飛騨市 TOWN DATA
1人当たり課税対象所得●254.2万円 総人口●26,732人 待機児童数●0人 小売店数●329店 一般診療所数●25カ所

※総務省統計局『統計でみる市区町村のすがた』より

----------

そうした飛騨市への移住でパイオニア的な存在が、仲間3人で山林施業会社のバルステクノロジーを14年1月に設立した藤田憲一郎さんだ。取締役に名前を連ねているが、藤田さん自ら山に入り、高さ20メートルほどに育った樹齢80年前後の杉の木を、チェーンソーを使って2分足らずで切り倒す。

1972年生まれで現在44歳の藤田さんは、林業の世界に入って20年以上のキャリアを持つベテランなのだが、「社会人になった当初は銀行マンでした」と意外なことを口にする。同じ岐阜県内の多治見市に生まれた藤田さんは高校を卒業後、地元の銀行に就職した。それから1年後、飛騨市に隣接する高山市内の支店へ転勤となり、そこで人生の転機を迎える。

「スキー場で格好よく滑り降りてくるスノーボーダーの姿に魅了され、『自分もやってみたい』と思うようになったのです。見よう見まねで練習を始めると、その面白さにはまり込んでしまいました。土日はもちろん、平日はナイターで楽しんでいました。しかし、転勤してから3年後に多治見への異動が決まったのです。とはいえ『毎日スノボーをしたい』という思いがどうしても断ち切れず、退職して残ることを決意しました」

そして藤田さんが、日々の糧を得る手段として選んだのが林業だった。チェーンソー1つで生きていくことへの憧れとともに、「自分で切った木でスノーボードを作り、それで滑ってみたい」という思いも重なったのだという。

■年収は300万円台後半くらい

また、林業の世界は「日給月給」という決まった日給での仕事をどのくらいこなしたかで、月給が決まる独特の賃金システムを採っていることも、藤田さんの目にはメリットとして映った。「春から秋まで思い切り稼ぎます。そして冬になったら、その稼ぎを使いながら毎日スノーボードを楽しむのです。雪が降り積もって山での作業ができない冬の間は、仕事はお休みです」と、藤田さんは笑みを浮かべながら話す。

とはいえ、林業の世界は甘くない。チェーンソーには70個を超える小さな刃がついている。その1つひとつを研ぐ「目立て」というメンテナンスが不可欠で、効率よく伐採できるように研ぎ上げられて初めて、一人前と認められる。しかし、そうなるまでに藤田さんは5年もの月日を要した。

民間の林業会社や森林組合などに勤めながら修業の日々を重ねていた藤田さんが、高山市内のアパートから飛騨市内の空き家に越してきたのが、林業の世界に飛び込んでから3年目のこと。家賃は月3万円ほどだった。13年前に結婚した妻の真紀子さんの実家が空き、今はそこに賃貸で住んでいる。

「出来高に応じたボーナスを含めると、年収は300万円台後半くらいでしょうか。こちらでは1人に1台の車が必要で、ガソリン代は都会と比べて割高です。物価は総じて高いのですが、近所のおばあさんが『これを食べて』と野菜を持ってきてくれたりして、大変助かっています。月20万円から25万円もあれば、十分に暮らしていけます」

もちろんスノーボードは続けていて、スキー場のオープンからクローズまで、約3カ月間の通しで利用できる3万円ほどの「シーズン券」を購入している。行けば行くほど1回当たりの利用料が割安になるわけで、藤田さんのような人にとってはうってつけの券なのだ。

■自分で切った木で家を建てるのが夢

実は林業の世界もサラリーマン化が進み、土日の週休2日が当たり前となりつつある。しかし、平日の天候が不順で作業ができないと、その後の作業計画の進行に支障をきたしかねない。

「自然相手の仕事だけに、自分たちが自然に合わせることも必要になります。そこで今の枠にとらわれない新しい林業の確立を目指しながら、自分たちの理想のライフスタイルを実現していこうと、今の会社を立ち上げました」

しかし、黙っていても仕事がやってくるわけではなく、藤田さんは地元の森林組合や行政機関を回り、少しずつ信頼関係を築き上げながら新規の取引先を開拓してきた。そうした結果、3年目で黒字に転換したという。

「会社の立ち上げから2年ほどはスノーボードを少し我慢しなくてはなりませんでした。しかし、今年の冬からスノーボードを楽しむ自分のライフスタイルを取り戻せるようになりました。それも仲間の理解があればこそです」

そう話す藤田さんが愛用しているスノーボードは、外国メーカーのキットを買ってきて、自分でチェーンソーの形に加工したもの。ゲレンデで「どこで買ったの」と注目の的になることが、しばしばあるそうだ。もちろん、当初の夢を諦めたわけではなく、いつか自分で切った木でスノーボードを作り、自分が伐採した山の斜面をそれで滑り降りたいと藤田さんは考えている。

「また、妻とは自分が切った木を使って家を建てたいと話しています。私と妻、そして愛犬が1匹の家族ですから、小さな家で十分です。暖炉を備えれば、冬は自分たちで作った薪で暖をとることもできます」と楽しげに語る藤田さんの飛騨でのハッピーライフは、これからさらに進化を遂げることになりそうだ。

(ジャーナリスト 伊藤 博之 撮影=石橋素幸)