12星座によって、その人の性格に特徴があらわれますよね。傷つくことも元気になる方法も星座によってさまざまです。大切な人が落ち込んでいたとき、欲しい言葉をかけてあげたいですよね。前回のに引き続き今回は、しし座さんのフォローの仕方をご紹介します。

しし座さんってこんな人

派手で目立つタイプが多いしし座さん。しかし、決してチャラチャラしているわけではなく、その生きざまは実に硬派です。プライドが高く、自分で決めたことは絶対にやり通す強い意志があります。責任感が強く「自分がやらなくては」と、すぐに気負います。また、人から受けた恩は決して忘れず、誰にたいしても誠実であろうとするでしょう。
しし座さんはよく、「王様」と表現されます。人の上に立ち、強くなろうと意識するほど孤独を抱えやすくなります。何にたいしても一生懸命で、大丈夫じゃないのについ「大丈夫だよ」と言ってしまうような、強がりの下に隠した弱さをもっています。
しし座さんは、強いというよりも「こうなりたい」と思った自分を演じています。休むことは苦手で、何もしていないと心にポカンと穴が開いたような気分になってしまうでしょう。暇な時間より、仕事に忙殺されているほうがマシだと考えます。太陽のようにキラキラした強さと誰にも見せない繊細さ。しし座さんと接するとき、その弱さをどこまで理解できるかがカギとなります。

しし座さんがツライとき

プライドを傷つけられたとき、しし座さんは強い怒りを感じます。自分が頑張ってきたことを否定されたり、誰からも必要とされていないと感じたとき、しし座さんは深く傷つきます。プライドを傷つけられたことが一生のトラウマになるなど、しし座さんが落ち込むときには「プライド」が大きく関わっていることが多いのです。
しかし、気持ちを言葉にすることが苦手なしし座さんは、周囲に落ち込んでいることをなかなか気づいてもらえません。ようやく愚痴を話し始めたとき、しし座さんの不満はすでに限界まで達していることでしょう。

フォローの仕方

しし座さんは、信頼している相手の前でしか弱音は吐きません。それなのに、「しっかりしなよ」と適当にあしらって話題を変えたり、バカにするような態度をとってしまったら余計に傷つけてしまいます。
話をしっかり聞き、しし座さんの良いところを教えてあげましょう。回りくどい言い方はせず、ストレートに「こんなところがすごいと思う」と褒めてあげてください。しし座さんに好意があるということを、態度で示していきましょう。「一緒に遊ぼう」と外に誘い出し、アウトドアなどで思いきり体を動かすことも効果的です。

自分のことを肯定し、愛してくれること。しし座さんが王様のように輝くためには、周囲からの賞賛が必要不可欠なのです。