右ひざ重傷の齋藤学が手術実施…全治までは変わらず8カ月の見通し

写真拡大

 横浜F・マリノスは15日、MF齋藤学の手術結果について発表した。

https://twitter.com/prompt_fmarinos/status/919368341944393728

 齋藤は、9月23日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第27節・ヴァンフォーレ甲府戦で右ひざを負傷。右ひざ前十字じん帯損傷と診断され、全治までは8カ月を要する見込みであることがすでに発表されていた。

 今回の発表によると、同選手は13日に東京都内の病院で手術を実施。右ひざ前十字じん帯再建術を受け、全治までは当初の診断と変わらず8カ月を要する見通しだ。

 齋藤は今季、公式戦29試合出場で3ゴール8アシストを記録していた。