豪華キャストの競演が話題となっている秋ドラマ。中でも注目は、映画やCMに引っ張りだこの山崎賢人と、『過保護のカホコ』(日本テレビ系)麦野初役で大ブレイクを果たし、今ノリにノッている竹内涼真の初共演となる『陸王』(TBS系)ではないだろうか。主人公を演じる役所広司は実に15年ぶりとなる連ドラ主演。原作は、同じくTBS日曜劇場『半沢直樹』『下町ロケット』で大ヒットを飛ばした池井戸潤。さらに、脚本、プロデューサー、演出に至るまで、既出の2作と同じスタッフで挑むというから、期待せずにいられない。

(参考:竹内涼真、『陸王』出演のために減量 「あんなに人に生脚を見せたことは初めて」

 『陸王』は、経営危機に陥る創業100年以上の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、新規事業としてランニングシューズの開発に挑む企業再生ストーリー。「足袋屋にランニングシューズなんてできるわけない」と反発する息子・大地を山崎、そして、物語のキーを握るマラソン選手・茂木裕人を竹内が演じる。

 『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『民王』(テレビ朝日系)など多彩な作風でも知られる池井戸だが、“窮地に立たされたオヤジが、困難に立ち向かう”といったテーマで見ると、やはり今作は『下町ロケット』に近そうだ。そこにはファンタジーなど一切なく、あるのは技術力と人情のみ。だが、歳を重ね、酸いも甘いも経験してきたオヤジの人情には、なぜだか心を動かす力がある。

 実際、『下町ロケット』では、阿部寛演じる町工場の社長・佃公平の熱意に導かれ、従業員それぞれがロケットエンジンの部品製造に魂を込める姿は、まるでドキュメンタリーを見ているかのような感動を覚えた。何度踏まれても立ち上がる主人公の人間味、それを信じて結束したチームプレイに、視聴者はグイグイと引き込まれていったのだ。

 池井戸ならではの骨太なストーリーに、イケメン俳優というトッピングを加えた今回の『陸王』。ただし、今をときめく若手俳優が名を連ねるとはいえ、竹内は重要プロジェクトのチームリーダー役として『下町ロケット』に出演。ライバルランナー・毛塚直之役の佐野岳も、同作で若手技術者を演じた。そして、茂木(竹内)のチームメイト・平瀬孝夫役の和田正人は『ルーズヴェルト・ゲーム』に野球部員役で出演しており、演技力がものを言う池井戸作品で確かな実績を残してきた実力派たちだ。

 そんな中、日曜劇場初出演となるのが山崎。今まで実写映画を中心とした若い層をターゲットとした作品への出演が続いているだけに、幅広い年齢層をターゲットとした今作は、新たな挑戦となるだろう。日本を代表する名優・役所広司のもと、俳優として新境地開拓となるのか、まさに正念場といえそうだ。

 テレビ視聴率の低下が囁かれる昨今でも、変わらぬ人気を維持し続けているのが箱根駅伝を筆頭としたスポーツ放送。と同時に、素人のリアルな日常に迫るドキュメンタリー番組も好調である。筋書き通りにはいかないハラハラドキドキの展開、思わず引込まれてしまう人間ドラマ、極め付きにイケメン俳優の共演。『陸王』は、今の日本人が欲する要素を詰め込んだエンターテインメントと言えるかもいれない。「やっぱりテレビドラマはおもしろい」と、世間を見返すチャンスの到来だ。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

(nakamura omame)