洗濯乾燥を時短!スパイラルドライ気流がなんだかすごそう

写真拡大 (全5枚)

雨の日や帰宅が遅い日、そしてこれからやってくる花粉の季節に洗濯物を室内干しすることがありますが、なかなか乾かないという悩みがありますよね。使いたいタオルが乾かないと不便ですし、サッと乾かせないことで生乾き臭も気になります。そこでオススメしたいのが、2タイプの風を吹き付けて乾かすタイプの衣類乾燥機です。自然乾燥と比べて乾燥時間は3分の1! 家事の時短にもつながります。

アイリスオーヤマの「衣類乾燥機 カラリエ」は洗濯物に直接風を当てるタイプの衣類乾燥機ですが、注目したいのはその方法。ヒーターで暖めた温風をスパイラル気流で包み込んだ「スパイラルドライ気流」によって、衣類を早く、効率的に乾かせます。

さらに今回リニューアルして登場した新製品は高出力の乾燥ヒーター・専用モーターを搭載。自然乾燥の3分の1の時間で乾かせるというのはオドロキです。

▲洗濯物が多いときも安心。上下左右の首振り機能によって広範囲へ風を送り込み、乾きムラを抑えます。

また、衣類乾燥モードのほかに送風モードも搭載。送風モードは押入れやクローゼット、下駄箱、脱衣所など、湿気が気になる場所に役立ちます。

▲送風モード

ドラム式洗濯乾燥機などと比べて手ごろな価格なのも嬉しいところ。サーキュレーターとして空気を循環させられるので、暖房時や冷房時など1年中活躍しそうです。価格は1万2800円(税別)です。

>> アイリスオーヤマ「衣類乾燥機 カラリエ」

 

(文/&GP編集部)