ノルウェーの公共放送局NRKが放送している「スローテレビ」という番組で「燃え続ける暖炉」を12時間放送したところ、視聴率が20%を超えたという逸話は有名です。炎が燃え続ける映像は一見すると単純で「何が面白いのか?」と思ってしまいそうですが、実際に目の前にすると不思議と心が落ち着くもの。iOSアプリ「焚き火」は、高感度4K撮影された高品質な映像とリアルな映像で、初心者でも焚き火体験を手軽に楽しむことが可能となっています。

焚き火を App Store で

https://itunes.apple.com/jp/app/%E7%84%9A%E3%81%8D%E7%81%AB/id904887382

App Storeで焚き火のページにアクセスしたら、「入手」をタップ。



「インストール」をタップし……



インストールが完了したらアプリを開きます。



アプリを起動するとまずは以下のようなページが現れます。焚き火は「目で楽しむ」「耳で楽しむ」「手間を楽しむ」という3つの楽しみがあるとのこと。画面右上の「×」を押すと……



焚き火の映像が現れました。



実際に焚き火アプリの映像は以下から見ることが可能。4K撮影された炎がパチパチという音と共にゆらぐ映像が続き、シンプルなアプリなのですが、ついついじっと炎を見つめてしまいます。

アプリ「焚き火」はこんな感じ - YouTube

しばらくすると炎が小さくなるので、画面左下の炎アイコンをタップします。



すると薪がくべられ……



炎の勢いが大きくなりました。しばらくすると再び炎が小さくなるので、薪をくべて、炎を楽しんで……というのを繰り返します。



なお、薪をくべないで放置すると火が消えてしまいます。この時は画面真ん中の「火を起こす」をタップして再び薪に火をつけましょう。



非常にシンプルなアプリなのですが、パチパチと炎の立て続ける音がホワイトノイズのように作用して、不思議と読書に集中できそうでした。寒くなってきた季節、雰囲気だけでも暖炉や薪を演出して、秋の夜長が楽しめそうです。