ポドルスキ、ACL制覇を目指す浦和にエール 「Jリーグの良いマーケティングになる」

写真拡大

浦和戦フル出場も不発、試合後にACL準決勝第2戦に臨む浦和に「優勝してほしい」

 J1ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、14日のJ1リーグ第29節の敵地・浦和レッズ戦で1-1ドローに終わった後、18日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦に臨む浦和に対して「優勝してほしい。Jリーグの良いマーケティングにもなる」とエールを送った。

 ポドルスキは浦和戦でスタメンフル出場を果たしたが、シュートは相手DFのブロックにあった1本のみ。ゴールから離れた中盤でボールを受けて正確なサイドチェンジなどは見せたものの、ゴール前での怖さを出すシーンはなかった。自身も「攻撃で多くのチャンスを作ることはできず、フリーランニングやパスによるコンビネーションを敵陣でもっとできたとは思うけど、そこが今のチームの課題。それができれば、浦和レベルのチームも倒すことができるようになるはず」と話した。

 その一方で、「良い試合をしたと思うし、チームのプレーも悪くなかった。アウェーゲームで1ポイントを取ったことはOKだ。6試合か7試合にわたって負けていないわけだから(公式戦6戦無敗)、言われているほど悪くないと思うよ」として、引き分けという結果を前向きに捉えていると話した。

 一方で、対戦相手の浦和に対しては、「基本的に自分のチームのことを考えている」としたうえで、ACLでの戦いに期待を寄せ、次のように語っている。

浦和のACL制覇へ「実現してほしい」

「(浦和はリーグ戦で)昨年よりポイントを取れていないかもしれないが、チャンピオンズリーグ(ACL)で準決勝まで進んでいる。単純に、このまま優勝してもらいたい。Jリーグのマーケティングにとっても、日本のチームがファイナルに進むのは良いこと。それはJリーグ全体にとっても良い助けになるはずだよ。浦和にはそれを実現してほしい」

 試合後には、ケルン時代の同僚だった浦和DF槙野智章とユニフォームを交換し、浦和の5番のユニフォームを手に持って姿を見せていた。ポドルスキからJリーグ全体のためにという意味でも重要というエールを受けた浦和は、中3日で迎える18日のACL準決勝第2戦・上海上港(中国)戦を制し、2007年の優勝時以来となる決勝進出を果たせるだろうか。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images