13日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本の居酒屋に来たんだけど、これってぼったくりなのかな」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーがさまざまな反応を見せている。写真は日本の居酒屋。

写真拡大

2017年10月13日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本の居酒屋に来たんだけど、これってぼったくりなのかな」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーがさまざまな反応を見せている。

どうやらスレッド主は北海道を旅行したもよう。相談事は帯広の居酒屋での出来事についてで、「最初に基本のおつまみ?のようなつぶ貝4個を出されたけど、気にせずに他のおつまみも頼んでビールと合わせあれこれ食べた」と思い返している。しかし会計時に問題が発生。注文分よりも500円を余計に請求されたため店員に確認したところ、「つぶ貝の金額」との答えが返ってきたそう。納得のいかないスレッド主は、「注文もしてないのに…日本にこういう文化があるの?」とネットに助けを求めている。

韓国の居酒屋などでは酒と共に「お通し」のような皿が出されることもあるが、これらはたいてい無料で、お通し代が請求されることはない。そのためスレッド主は戸惑ってしまったようだ。

この相談を受け、他のネットユーザーからは「はい、そうなんです」「日本はもともとそうだよ。お通し価格だね」といった回答や、「『要りません』と言えばお通しが出てこないし、お金を取らない店もある。無条件に出す店もあるよ」と親切なアドバイスが寄せられている。

しかし、「日本はお金を払いさえすればサービスが出てくる」「この世にタダなどないのは分かるが、注文してないのにサラっと出しておいてお金をもらうなんて…」など日本のシステムに不満げなコメントも。

一方で、「これって気分を害するほどのこと?この程度の文化は理解しなきゃ」「それが日本の文化。僕らの基準で評価できる問題じゃない」と理解を示すユーザーも見られ、日本以外に「香港でもお茶を注いでくれるけど、お茶代を取る店が多いね」「ポルトガルもパンみたいなものが出てくるけど、食べたら支払いが必要」など他国の文化を紹介する声も上がった。(翻訳・編集/松村)