大久保桜子

写真拡大

宇宙戦隊キュウレンジャーでヒューマン型唯一の女性ヒロインとして活躍している大久保桜子が、10月14日に東京ソラマチで初のカレンダーお渡し会イベントに登場した。

[動画]大久保桜子も登壇、映画『宇宙戦隊キュウレンジャー』製作発表会見

この日のイベントには約500人のファンが集まり、大久保は「私のためにこんなにたくさんの方に集まっていただいて本当にうれしいです」と挨拶。「一緒に撮影した子犬が最初は慣れてくれず、なかなか大変でしたが、休憩時間にたくさん遊んだりして最後には仲良く撮影できました」とほっこりする撮影裏話を明かした。

初めてカレンダーを出した感想については「嬉しさと恥ずかしさでドキドキしています。自分のカレンダーを誰かのお家やお部屋で飾られる日が来るなんて思ったもみなかったです」と話し、点数をつけるとという質問には「65点」と回答。「やはり写真をチェックしていると、より良くデキたはずだと後から思ってしまいました。でも、今回協力してくださった方たちのおかげで普段は引き出せない自分を出すことができたのでそこで50点。そして自分に15点ですかね(笑)」と点数の配分も説明した。

また、もし来年もカレンダーを発売するとしたらという質問には「今回、室内での撮影が主だったので、ロケ中心にできたらいいなと思います」と来年のカレンダー発売に向け、早くも意欲を見せた。

今年1年を振り返って「1月から撮影をしていたので、今年は本当に“宇宙戦隊キュウレンジャ―”一色の1年だったかなと思います。今回がデビュー作で、本当にたくさんの経験をさせてもらえた1年でした」とコメント。来年の目標については「現在撮影しているキュウレンジャーも佳境に入っていて、そろそろ終わりを実感してます。2017年はキュウレンジャーとしてテレビに出させていただきましたが、2018年も“テレビに出ている人”として活躍できたらと思います」と話していた。