稲葉友「『N.Y.マックスマン』は、今まででの現場で一番楽しかった」 京都国際映画祭舞台挨拶レポ

写真拡大

 京都国際映画祭3日目となる10月14日、T・ジョイ京都にて、『N.Y.マックスマン』の上映と舞台挨拶が行われた。この日登壇したのは、主演の稲葉友、山谷花純、なだぎ武、増田哲英監督の4名。途中、マックスマンも乱入し、会場を多いに盛り上げた。

参考:『仮面ライダー』と『スーパー戦隊』、若手俳優 “登竜門”としての違いは?

 本作は、『Mr.マックスマン』、『Bros.マックスマン』に続いて、今年春に公開されたシリーズ第3弾。この作品が映画初主演となった稲葉は、「作品の世界観は、千葉雄大さん、竜星涼さん主演の過去シリーズですでに出来上がっていたので、僕はその上で新たなヒーロー像に挑戦できたかなと思います」と控えめにコメント。シリーズ全編を通して出演しているなだぎ武も、「今回はまた新しいマックスマンに仕上がっています」と続けた。

 また、以前『仮面ライダードライブ』にも出演していた稲葉は、再び“ヒーロー作品”に抜擢されたことについて、「異なるタイプのヒーローを演じられる機会はなかなかないので、貴重な体験でした」とも語っていた。

 今回は撮影もかなりタイトなスケジュールだったそうで、進行上、物理的な制限もあったという。しかし、現場は終始とても和やかなムードに包まれ、キャスト同士の距離も近かったそうだ。過去に共演経験のある面々も多かったということで、稲葉は「今まででの現場で一番楽しかった」と撮影当時の思い出を振り返った。

 増田監督が「これまでのヒロインの中でも、特に演技力が抜群」と絶賛する、ニューヒロインの山谷は、自身の役どころについて、「詳しくはあんまり言わない方がいいので、見てのお楽しみで」と意味深に言葉を濁していた。

 また、監督はなだぎに関しても、「なだぎさんは、1作目の頃から8割くらいがアドリブなんですけど、そのすべてが面白い」と大絶賛。それを受けて山谷も、「なだぎさんは撮影初日から台本に書かれていないアドリブを連発していたから、最初の頃は『次は何がくるんだろう……』って怯えながら現場に行っていました」と笑いながらコメントした。

 途中、ゲストとして突如マックスマンも登場したのだが、稲葉は「これだと、マックスマンがふたりになっちゃうじゃん!(笑)」と、冷静にツッコミを入れる。さらに、「マックスマンに変身すると、(変身前の自分より)ちょっと背がちっちゃくなるよね」とドSな追い打ちをかけ、会場を笑わせた。

 登壇者たちの仲睦まじさがひしひしと感じられた、今回の舞台挨拶。最後に稲葉が、「鑑賞後に、みなさんがちょっとでもハッピーになってくれたら嬉しいなと思います」とまとめ、4人とマックスマンは会場を後にした。(取材・文・写真=まにょ)