「Thinkstock」より

写真拡大

 風が金木犀の香りを運ぶようになり、往来する人々の装いもすっかり秋めいてきた。けれど「今年は忙しくて夏遊びが不完全燃焼」「まだまだ夏を楽しみたい」という人もいるのではないだろうか?

 そこでコスパに優れ、日本の秋から冬にかけてオススメの「南の島ベスト5」を、以下に紹介。飛行機代、ホテル代の予算目安も記載しているので、参考にしてみてほしい。エメラルドグリーンの海、さらさらとした真っ白な砂浜、突き抜ける青空、そしてもういちど夏を求めて。さあ、次の休みはどこの島に行こう?

●ベスト5:北マリアナ諸島・サイパン島

「マリアナブルー」と称される、世界屈指の透明度を誇る海に囲まれている、サイパン島。一年を通して気温は27℃前後と一定で、「年間の平均気温がほとんど変わらない島」としてギネスに認定されている。まさしく常夏の島だ。成田から3時間30分ほどのフライトでアクセスできるというのも大きな魅力で、特に子連れにはうれしいポイントだろう。

 5歳からできるシュノーケリングなどもあり、子どもも一緒にマリンアクティビティを楽しめる。陸地では、四輪駆動車でのオフロードドライブやマウンテンバイクライドなどの体験が可能だ。アクティビティが豊富な一方で、ゆったりとした時間が流れるサイパン島は、「癒しの島」とも「ゆとりの島」とも呼ばれている。

・飛行機&ホテル代の目安:6万円〜(3日間)

●ベスト4:アメリカ・グアム島

 グアム島は、日付変更線に最も近いことから、「アメリカの1日が始まる島」と呼ばれている。同時に最も日本に近いアメリカでもあり、主要都市から直行便に乗り込めば、わずか4時間前後でアクセスが可能だ。人気度はハワイに譲るが、時差が少ないことや、物価が安いこともあり、気軽にアメリカを、そして南の島を体感したい人にオススメだ。

 日本語が通じやすいということもあるが、最大の魅力はマリンアクティビティ。ダイビングやシュノーケル、バナナボート、パラセイリング、そして空気の入ったヘルメットをつけて海中を歩くシーウォークに野生のイルカと遭遇できるイルカウォッチングなど、1度の旅行では体験し尽くせないほど、さまざまな遊びができる。

・飛行機&ホテル代の目安:6万円〜(3日間)

●ベスト3:パラオ

 パラオは、9 つの有人島を含め300以上もの島々から構成される国だ。ロックアイランドと呼ばれているそれらの最大の特徴は、唯一無二の景観。長年にわたる波の浸食で海面付近がくびれ、まるでマッシュルームのように見える島々が連なっているのだ。

 ロックアイランドは見所が満載だ。潮が引くと、クリスタルブルーの海の上に緩やかなカーブを描く真っ白な砂の道が出現する 「ロングビーチ」。乳白色のきれいな水が広がる「ミルキーウェイ」では、海底に沈殿した白い泥で、全身パックも楽しめる。ほかにも内海と外海をつなぎマンタに高確率で出逢える「ジャーマンチャネル」、星形の「カープ島」でBBQランチなど楽しみは尽きない。他の南の島とは異なる体験をしたい人にオススメのデスティネーションだ。

・飛行機&ホテル代の目安:9万円〜(5日間)

●ベスト2:インドネシア・バリ島

 一万数千もの島々が東西に鎖状に連なる、世界最大の群島国家インドネシア。中央部に位置するバリ島は、数千ものヒンドゥー寺院が存在することから「神々の島」と称されている。美しい海だけでなく、緑豊かな自然、神秘的な文化、心の琴線に触れる芸術、リーズナブルなショッピング、極上のマッサージなど、幅広い楽しみ方が可能だ。

 一般的には乾季がベストシーズンとされるが、雨季にあたる11月〜3月もいい。午後の2時間程度、強い雨が降ることもあるが、マンゴーなどの南国特有のフルーツが旬を迎えるからだ。さらに、ただでさえ物価が安いのに、旅行代金が乾季よりもリーズナブルになる。南国特有の空気が満ちる、懐深き神の島を巡ろう。

・飛行機&ホテル代の目安:5万円〜(3日間)

●ベスト1:タイ・プーケット

「アンダマン海の真珠」と呼ばれるほどに美しいプーケットは、タイ南部に浮かぶ島だ。西海岸に点在するビーチはそれぞれ異なった特徴を持つ。ショッピングやグルメ、夜遊びも楽しめる最も賑やかな「パトン・ビーチ」、高い透明度の海でシュノーケリングができる「カタビーチ」、海ガメの産卵が見られる「ナイヤン・ビーチ」、5つ星ホテルが並ぶ「バンタオ・ビーチ」、夕陽が特に美しい「ナイハーン・ビーチ」など、好みでビーチを選べる、贅沢な環境が広がっている。

 プーケット近郊には離島も多く、珊瑚礁に囲まれた「コーラル島」、浅瀬が広がり、子連れでも気軽に楽しめる「カイ島」など、1時間以内で行ける島がいくつもあるのも大きな魅力。まもなくベストシーズン(11月〜3月)を迎えるプーケットは、これからの時期にオススメのデスティネーションだ。

・飛行機&ホテル代の目安:5万円〜(6日間)

 暑い時期に涼を求めるように、寒い時期に“暖”を求めるのも、ツウな旅と言えるのではないだろうか? 夏に南の島を訪れるのも、もちろん素晴らしい。しかし渡航先は一緒でも、風が冷たくなる秋や冬に南へと飛び立ち、ちょっと濃くなった肌の色を持ち帰るほうが、より贅沢な旅といえるだろう。家族で、カップルで、友人と、そしておひとり様でも。機会をつくって、人生を豊かにする素敵な思い出をつくろう。
(文=多賀秀行/フリー編集者、宿「ANCHOR SITE」オーナー)