SNS上で先日、よくバーに行くというユーザーが「映画でよくある『あちら様からの』は絶対にやめた方がよい」とツイート。居合わせた見知らぬ客にお酒をごちそうする行為の自制を求め、その理由として「自分の好きな酒を飲んでいる時に、他人から飲みたくない酒を飲めと言われても」と説明しました。

 これに対し「不愉快なだけ」「ほんとに余計なお世話」などと共感の声が上がる一方、「あちら様がお会計を済ませてくださいましたよなら可」と、会計を肩代わりするやり方はありがたい、といった意見も見られました。

やり取りの大前提は「関係性の構築」

 企業や大学などでの人財育成やマナーの視点からのコンサルティングを行い業績アップにつなげている、マナーコンサルタントの西出ひろ子さん(新著「かつてない結果を導く 超『接待』術」など国内外で70冊以上のマナー本がある)は「『あちらのお客様から』は現実にあるのですね。これだけ多くの人が体験していることに、率直に驚いています」としつつ、次のように話します。

「知らない人から突然、お酒をごちそうになるシチュエーションには誰でも戸惑いますね。特に現代では、面識のない人から突然、そうしたアクションを受けると『怖い』『下心があるのでは』と感じ、警戒してしまうのが当然でしょう。その上、飲みたくもないお酒を勧められるのは、迷惑だと感じることでしょう。マナー的な観点からすると本来、物品などのやり取りは関係性の構築が大前提です」(西出さん)

 今回のケースは、面識のない人とのやり取りである上、そもそも「おごりたい」「ごちそうしたい」という要望は一方的であり、相手には「自己中心的」と受け取られることも。マナーとは、相手の立場に立って互いに気持ち良い関係を構築し、その場をスムーズにするためのもの。どうしてもお酒をごちそうしたいのであれば、いきなり出すことはせず、まずはバーテンダーなどスタッフを通じて相手の意向をうかがうのがよいそうです。

「お店の人も、それを申し出た人に対して『まずは先方へうかがってきましょうか』などと提案することも一つの方法です。それは一見、申し出たお客様に失礼かもしれませんが、お店にとって双方のお客様をお守りすることは大事なこと。また、それはほかのお客様の迷惑を未然に防ぐことにもなるため、マナーとして大切なことです」

会計肩代わりは「オススメできない」

 それでは、ごちそうすることを相手が受け入れてくれた場合、どう振る舞うのがベストでしょうか。

「その場合、お店の人を通じて相手が好きなお酒を選んでもらったり、お酒を欲していなければ、おつまみを勧めたりしてもよいでしょう。ごちそうになった側は、その場で会釈をして御礼を伝えたり、お店の人に『御礼をお伝えください』とお願いするのがマナー。しかし、御礼が面倒だったり、その後のコミュニケーションが不要であったりする場合、『お気持ちだけ、ありがたく頂戴します』とお断りするのが無難でしょう」

 お会計を肩代わりする方法はどうでしょうか。

「こちらに関しては、うれしいという意見もあるようですね。場合によっては、そのお気持ちはわからなくもありませんが、老婆心ながら、オススメはできません。見知らぬ人から理由もなく、すべてのお会計を肩代わりしてもらうことに人は疑問と危険を感じます。『ただより高いものはない』という言葉もあるので心配です。そもそも、見知らぬ人にお会計をしてもらうなどとは思わずにお店に来ていますから」

 お互いの距離感が近い小さなバーなどでは、何気に目が合い、知らぬ間にお互いを好意的に意識してしまうシチュエーションも。こうした場面で、「あちらのお客様から」は良いきっかけとなり、「ありがとうございます」「遠慮なく頂きます」「ごちそうになります」などと御礼を伝えることで雰囲気が良くなり、お互いにおいしくお酒が飲める空間になりうるそうです。

「忘れてはいけないのは、せっかく行ったバーでマイナスの感情になったり、気まずい雰囲気を作ったりすること。今回のケースで大切なことは、お店の人やほかのお客様など、そこにいらっしゃるすべての人への配慮です。ごちそうしたいと思う人は、自分の思いだけを先行させるのではなく、『TPPPO』を意識し、他人の迷惑にならないよう、おいしいお酒のひと時を楽しんでほしいと思います」

※「TPPPO」(Time=時、Place=場所、Person=人・相手、Position=立場、Occasion=場合)

(オトナンサー編集部)