@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

text & photo:Automobilli Lamborghini S.p.A

「the father of luxury SUVs」

LM002の生産終了から25年、アウトモビリ・ランボルギーニから2017年12月4日にサンタアガタ・ボロネーゼで、新たなスーパーSUV「ウルス」がデビューする。ウルスのワールドプレミアに先立ち、アウトモビリ・ランボルギーニ初のSUV「LM002」を振り返る。

ランボルギーニ・ミュージアムの黒のLM002(シャシーナンバー12231)は、クラシックカー部門「ランボルギーニ・ポロストリコ」によって完全復元された、ランボルギーニ初のSUVを代表する1台だ。

LM002は「the father of luxury SUVs」として広く知られ、都会でも思わず人の目を奪う魅力を備えながら、泥や砂利、雪道でも思いのままに走行できるクルマだった。

LM002の原点は、1970年代後半に進められた軍用高性能オフロード車「チーター」の開発プロジェクトにある。

ランボルギーニのエンジニアであるジュリオ・アルフィエリが1981年に同プロジェクトを復活させ、リアエンジンという革新的なコンセプトのLM001を開発。その後パワートレインを前方に配置したプロトタイプのLMAが続いた。

砂の上でも「浮かぶ」ように走行

最終的な生産モデルとなったのは1986年のブリュッセルモーターショーで初披露されたLM002。最終設計でカウンタック・クアトロバルボーレに搭載されていた排気量5167ccのV12エンジンが、6800rpmで450psを生みだした。

LM002はアルミニウムとファイバーガラス製の車体に四輪駆動トランスミッション、トランスファー、3つの自動式デフロックを備え、最高速度は200km/h以上で120%を超える勾配にも対応できた。

特別に開発されたピレリ社のスコーピオンタイヤを装着することで砂の上でも「浮かぶ」ように走行し、高温の中でも優れた耐久性を保った。

車体各部はスペインのビルバオ近くの会社で生産され、製品が半分組立された部品がサンタアガタ・ボロネーゼに送られ、パワートレイン、機械部品との最終組み立て、仕上げ、検査を経て出荷された。

個々のカスタマーのニーズに合わせた内装を施し、LM002が完成。LM002は発売当時、他のスーパースポーツカーに引けを取らない性能や高度なオフロード、圧倒的なデザインと存在感で高い注目を集め、1986年から1992年の間に合計300台が生産された。

LM002と同様、ウルスもその卓越したパワーとトルク、独特のデザインと際立った存在感で、独自のスーパーSUVのカテゴリーを新たに開拓する。

ウルスは抜群の走行性能、パフォーマンス、ラグジュアリー感を維持しながら、LM002と同様、砂地を含むオフロードでも並外れた性能を発揮する。