松本幸四郎75歳「二代目松本白鸚」襲名前に見せた意外な素顔

写真拡大

歌舞伎俳優の松本幸四郎が、11月15日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット、毎週日曜23:00〜)に出演する。

日本を代表する歌舞伎俳優にして、アメリカ・ブロードウェイでは『ラ・マンチャの男』日本人初の単独主演、イギリス各地では『王様と私』を半年間で200ステージ以上主演を務めるなど、分野を超えて活躍を続けてきた、幸四郎。映画やドラマ、CMとその活動も幅広く、どんな役柄でも圧倒的な存在感と演技力で見るものを虜にしてきた。

歌舞伎界の名門・高麗屋の長男として生まれ、39歳で九代目松本幸四郎を襲名してから早36年。来年1月に父の最後の名跡である「二代目松本白鸚」を襲名することが決まっている。そんな幸四郎が長年親しんだその名で最後に挑む現代劇は、奇しくも幸四郎襲名の翌年1982年に初めて挑んだ、19世紀を舞台に天才モーツァルトと凡庸な宮廷音楽家のアントニオ・サリエーリの確執を描いた名作『アマデウス』だ。幸四郎が演じるのは、モーツァルトの才能に嫉妬し葛藤するサリエーリ役。公演は450回を超え、かける思いも殊更だろう。

番組では、稽古から本番までの1か月間に密着。2004年以降、演出家としても携わる幸四郎は、俳優一人一人の仕草から帽子の角度、音響効果の微妙な差まで徹底的にこだわり抜く。そして当然、自らも役者として2時間45分の間、表に出続ける。

「手を抜くことはしない、何事も徹底的にやってきたから今の自分がいる」と語り、75歳となった今も全身全霊で舞台に挑んでいくその気迫。「これからは人生のロスタイム? あわよくば逆転劇ですよ」とも言う幸四郎だが、舞台上からは想像もつかない一面があった。「家族が語る“素顔の幸四郎”」を丹念にカメラが追う。