『大食い王決定戦』大物ルーキー誕生で史上最高のハイレベルな戦いに

写真拡大

テレビ東京系列にて10月15日(日)19時54分より『元祖!大食い王決定戦〜大物ルーキー出現!最強王座強奪戦』が放送される。

今大会の主役となる選手は、爆食女王・もえのあずきと、前回惜しくも準優勝ながら、その実力は自他共に日本最強と認めるMAX鈴木だ。だが、ここにきて大食いファンの間で噂となっていたYouTuber“隠れた巨星”ラスカル新井が満を持して初登場。優勝の行方はまるで見えない大混戦になる。

一回戦は、長野県諏訪湖の隠れ名物「花縒り(はなより)団子」勝負。選手たちの前にずらり並べられた色とりどりの串団子は、なんと10種100串で9メートル、重量は6キロ。食べきっても、制限時間内は追加の団子を食べ続ける“団子地獄勝負”となる。見た目のカラフルさとは裏腹に、甘くて弾力のある団子のボリュームに選手たち大苦戦。そんな中、噂の新怪物ラスカル新井はじめ、新人選手が驚異的なスピードで飛び出す。

準々決勝では、国内戦を勝ち抜いた5人が海を越え“微笑みの国”タイへ。かつての王朝であるアユタヤの地で、話題の「ニューウェーブ・タイ料理」5品4キロに挑戦する。制限時間45分の中、一通り食べ終えても、制限時間内ならまた最初の一品から食べ始めないといけない“無限ループ地獄勝負”。絶品タイ料理を前に、選手たちはハイレベルな戦いを見せつける。

続く準決勝は、なんと船上が舞台。バンコク中心部を流れる大河・チャオプラヤー川で、ローカルに愛されてきたタイの伝統家庭料理で45分勝負が行われる。誰が落ちるか全く予想できない試合展開。大接戦を制し、決勝へと勝ち進むのは一体誰なのか。

そして、決勝といえば、もちろんラーメン60分勝負。最後の最後まで一瞬たりとも目が離せない、壮絶な死闘が繰り広げられる。