住江織物(株)の平成30年5月期第1四半期(連結)の業績は、売上高231億4300万円(前年同期比3.4%増)、営業利益3億4500万円(前年同期は営業損失2億4100万円)、経常利益4億1300万円(前年同期は経常損失2億4000万円)、純損失100万円(前年同期は2億2500万円の損失)だった。
 セグメント別の業績は、インテリア事業が売上高80億7200万円(同0.9%減)、営業損失1億5600万円(前年同期は5900万円の損失)、自動車・車両内装事業が売上高143億3200万円(同7.0%増)、営業利益7億9900万円(同3.3%減)、機能資材事業が売上高6億9800万円(同13.6%減)、営業利益2100万円(前年同期は営業損失4400万円)であった。
 なお通期については、売上高975億円、営業利益28億円、経常利益29億5000万円、純利益15億円を見込んでいる。