幅広い世代で大流行しているインスタグラム。スマホで日常的に写真を撮ってアップしている人もますます増えています。でもいざカメラを構えてみると、思ったように撮れず、残念な写真になってしまうことも。そこで、知っておくと役立つフォトスタイリングのコツを、撮影用スタイリングのプロである貝賀あゆみさんに教えてもらいました。


100均アイテムを使ってコンビニスイーツのスタイリングを実践!

今回撮影するものは、身近なコンビニスイーツ。コンビニのものだからといって侮ることなかれ! 家にある布や100均のアイテムを加えるだけで、見慣れたスイーツがぐんとおしゃれに、インスタ映えするように撮れますよ!●下に敷く布もののシワはきれいに伸ばす

料理やスイーツを撮るときに下に敷くことが多いランチョンマットやクロス類の布ものは、畳んで収納しているとシワがつきがちです。シワはカメラに写さないようにするか、アイロンを使って伸ばしておくようにしましょう。また、布とテーブルの境目も見せないようにするのが無難です。


お皿の横にフォークを添えてみると自然な感じに見えるようになりますね。


撮影する角度を変えて少し寄って撮影してあげると、タルトのおいしそうなトッピングも見えるようになりました。今度はフォークをお皿にちょこんと乗せて、すぐに食べられそうな雰囲気に。白いお皿を使えば、レフ板(光を反射して、明るくしたり、影を薄くしたりする)代わりになってスイーツがきれいに撮れますよ。●おしゃれに見えるリメイクシートを使って


今度は100均で買った大理石柄リメイクシートを使って撮影してみました。海外の写真でも見ることの多い大理石調の撮影も、リメイクシートならこのとおり簡単にできます。


見慣れたはずのバームクーヘンも、カットしてあげるとまた違った印象に。
カットしたスイーツは、くしゃっとさせたクッキングシートを敷いたカッティングボードにおいてあげるとおしゃれに見えます。●リネンのクロスはシワが目立たずオススメ


今度は白いリネンクロスを使って撮影してみました。リネンのクロスは少しシワがあっても雰囲気が出るので、扱いやすいのが特徴です。抹茶のロールケーキに合うように、和風の白い小皿を用意。ドリンクもコーヒーではなく抹茶や緑茶にすると、雰囲気や色にまとまりがでます。
季節の実などがあれば、添えてあげると季節感が出るのでオススメです。ちょうどバラの実のグリーンで色がまとまりました。

いかがでしたでしょうか? ちょっとしたコツを取り入れると、簡単におしゃれな写真が撮れるようになるのがフォトスタイリング。ぜひいろんな撮影に挑戦してみてくださいね。

●教えてくれた人
【貝賀あゆみさん】
日本フォトスタイリングアソシエーション認定1級フォトスタイリスト。インテリア、雑貨をすてきに撮影するための講座を開いている。ブログ「暮らしの小さなアイデア帳」を更新中