ゴール前の見せ場少なく… 槙野ら温存の浦和、矢島が復帰後初得点も神戸戦ドロー 

写真拡大

神戸が小川のゴールで先制も、矢島が復帰後初ゴールで同点

 14日に行われたJ1リーグ第29節、浦和レッズとヴィッセル神戸の一戦は、ゴール前のシーンに乏しい1-1の引き分けに終わった。

 浦和は日本代表の活動明けとなったDF槙野智章を試合メンバーから外し、DF遠藤航もベンチスタート。FWラファエル・シルバもベンチに置き、中3日で迎える18日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝第2戦・上海上港(中国)戦を意識した構成となった。

 その浦和は、槙野の欠場でスタメンに起用されたDF宇賀神友弥の不用意なプレーで先制点を与えてしまう。前半4分、敵陣でのFKのチャンスがオフサイドに終わり、そのFKを神戸GKキム・スンギュが一気に前線へ送った。神戸FW小川慶治朗よりも優位なポジションにいた宇賀神だが、ボールをバウンドさせている間に小川に持っていかれ、そのまま小川がGK西川周作との1対1を決めて先制。早くも浦和はビハインドとなった。

 神戸のプレッシングの前に有効な攻撃ができていなかった浦和は同19分、右サイド深くからMF柏木陽介が折り返したボールが逆サイドまで流れると、攻撃参加した宇賀神が左足でゴールを狙った。シュートは上手くミートしなかったが、ゴール前に低く飛んだボールに反応したMF矢島慎也がコースを変えてゴールへ。矢島は今季、ファジアーノ岡山への期限付き移籍から復帰しての初ゴールとなり、1-1の同点となった。

ポドルスキの一撃はDFがブロック

 試合は互いに決定機と呼べるチャンスをほとんど作り出せないままハーフタイムを迎えた。浦和は後半から宇賀神に代えてDF平川忠亮を投入し、そのまま左サイドバックに入った。

 後半もゴール前でのシーンが少ないまま試合は推移。得点ランキング首位の浦和FW興梠慎三は前線でボールが届かない状況が続き、同38分にDF森脇良太のクロスにゴール前で合わせたヘディングシュートもセーブされた。神戸の元ドイツ代表FWポドルスキは中盤に下がっての正確なサイドチェンジはあったものの、得意の左足を振り抜くシーンはDFのブロックにあった1本のみ。両チームともに前線の得点力ある選手を生かし切れないまま試合は終了し、1-1の引き分けに終わった。

 浦和は昼間のゲームで4位の横浜F・マリノスが引き分けていただけにホームで勝ち点3を奪って差を詰めたいゲームだったが、勝ち点差7のまま変わらずチャンスを逸してしまった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images