無実の罪で23年間を刑務所で生活 米男性が再審で無罪となり釈放

ざっくり言うと

  • 米国で23年間を刑務所で生活していた男性が再審で無罪となり釈放された
  • 男性は17歳のころ、発砲事件の裁判で2人を殺害したとして有罪判決を受けた
  • 目撃者たちは後に証言を撤回し、検察も物的証拠などを提示していなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング