すぅ(SILENT SIREN)/Photo by ハタサトシ

写真拡大

10月11日にリリースされたSILENT SIRENの2017年・第3弾シングル「ジャストミート」。タイトル曲は“ロックバンド・SILENT SIREN”のむき出し感を強く打ち出した、前のめりなロックチューンだ。本作でカップリング曲「フユコイ」を含め作詞を担当したすぅは、どのようにしてこれらの歌詞を完成させたのだろうか。

【写真を見る】「ジャストミート」ミュージックビデオ撮影中の独占オフショットをお届け!/Photo by ハタサトシ

■ サイサイのライブに行ったらこれが聴きたい、みたいな曲にしたい

──ニューシングル「ジャストミート」ですが、表題曲はめちゃめちゃロックしてますね。すごく攻めてるなと思いましたよ。

ギターのリフがちょっと渋いというか、個人的にすごく好きですね。しかも、イントロから「おおっ、来たな!」と思える曲かなって。

──シンプルですごく太い感じ印象の楽曲で。

特に今年のシングル(3月発売の「フジヤマディスコ」、5月発売の「AKANE / あわあわ」)はカラフルな印象が強かったので、そこでの新鮮さがすごくありました。シンプルで音数も今までほど多くないけど、サイサイらしさも残しつつ、っていう曲をオーダーされて、クボくん(サウンドプロデューサー・クボナオキ)が何曲か上げてきたうちの一曲なんです。スタッフさんが「この曲がすごく良い」ということで、じゃあこの曲に歌詞を書いてみるってことで挑戦したら、その日のうちにワンコーラス、すんなり書けたんです。

──歌詞はどういうイメージだったんですか?

曲を聴いて最初に出てきたのは“ジャストミート ヒットエンドラン”というフレーズだったんです。ちょうど夏の高校野球をやっていた時期だったんですけど、私、高校野球が超大好きなので、甲子園の中継を観ながら歌詞を書いたんですよ。恋する女の子の気持ちを野球に絡めて可愛らしく、でもサウンドはカッコ良く作れたらいいなと思って書きました。

──なるほど、それで「ジャストミート」なんですね。

はい(笑)。ふふふ。あと、この曲はサビのメロディに対して付けた歌詞で、歌詞がこうだからこういうメロに変えたいってお願いもして。クボくんもそこは柔軟なんです。

──リズムの取り方含め、演奏がかなり難しそうですが。

これはめちゃめちゃレコーディングに時間がかかりました(笑)。難しかったですね、「なにこれ、わかんないんだけど!」って(笑)。レコーディングはまだよかったんですけど、ライブだと歌いながら弾くからより難しくて。Aメロとか結構動きがあるフレーズだし。それにしてもテンポが速いんですよね、この曲(笑)。(BPMが)192かな?

──それは速すぎですね(笑)。

それくらいだった気がする。でもそこは勢いで、バーンといける曲なんじゃないかな(笑)。そのときの衝動で演奏するような。

──それもあってか、ここ何作かと比べるとロックバンド感がより濃く出ている気がしました。

「フジヤマディスコ」は意外と挑戦の曲でしたし、その次の「AKANE / あわあわ」はタイアップ曲だったのでお題に沿って書いたし。でも今回は、よりバンド感が強まっていてストレート。確かにそうかもしれないですね。私、「ジャストミート」はライブで育っていく曲なんじゃないかなと思うんですよね。

──確かにライブでの盛り上がりがイメージしやすい曲ですし。そういう意味じゃ、これから大きな武器になりそうですね。ライブで育てる曲みたいな。

そうですね、みんなも歌いやすいと思うし。サイサイのライブに行ったらこれが聴きたい、みたいな曲にしたい。うん、代表曲になったらいいなと思います。

──一方、カップリングの「フユメグ」は「ジャストミート」とは異なるタイプです。

カップリングは冬曲がいいと言われたので、いくつか候補曲の中から好きな曲を選んで、メンバーみんなで一斉に(歌詞を)書いたんです。最初はバラードを、ってことだったんですけど、今まで冬曲ってバラードっぽい曲しかなくて。私はカップリングでは好きなことをしたかったので、この曲に一応歌詞を書いたら、意外と良いからとこの曲に決まったんです。今までの冬曲って寂しい歌詞しか書いてなかったけど、「フユメグ」は珍しく幸せな曲。(笑)。私、冬は苦手なんですけど、その冬すらも幸せを感じられるような曲を1曲作ってみようかなと思って作りました。

──そういうチャレンジがあったと。

はい。しかもこの曲、Bメロもサビっぽくなっていて、新しい感じの構成だったので、すごい楽しく書けましたね。ちょっと大人っぽいというか、落ち着いた感じで。しかも「ジャストミート」が女の子目線で、「フユメグ」は男の子目線の歌詞なので、そこも対照的で良いんじゃないかなと。「フユメグ」は男性から見た私を歌ってる曲なんです。私、冬になるとすごく愚痴をこぼすので、「それでも楽しい冬だね!」みたいな曲にしてみようかなと。男性の気持ちはよくわからないんですけど、「こうなんじゃないかな? こうであってほしい!」という私の願望を書いてます(笑)。この曲で、女性にも男性にもキュンとしてほしいなと思いますね。

(撮影 / ハタサトシ 取材・文 / 西廣智一)

■ SILENT SIREN リリース情報

「ジャストミート」2017.10.11 releaese

<作品形態>

全4形態、CD収録内容:全形態共通、ジャケット絵柄:全形態異なる

【CD収録曲】

1. ジャストミート

2. フユメグ

★初回限定盤A(CD+DVD)1700円+税

【DVD収録内容】「ジャストミート」MV+MVメイキング映像

★初回限定盤B(CD+DVD)1700円+税

【DVD収録内容】ジャケット写真撮影メイキング映像

★通常盤(CD)1111円+税

■ LIVE INFORMATION

5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 新世界

9月18日(月)名古屋国際会議場センチュリーホール

10月8日(日)福岡国際会議場 メインホール

10月9日(月)福岡国際会議場 メインホール

10月28日(土)大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホール

10月29日(日)大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホール

11月3日(金)郡山市民文化センター 大ホール

11月13日(月)日本武道館 〜軌跡〜

11月14日(火)日本武道館 〜奇跡〜

■ 武道館限定! 「シンドバッド」CD販売情報

【販売方法】11月13日(月)・14(火)二日間のみ、全国ツアー“新世界”ファイナル公演の日本武道館にて販売(※各日ライブチケットをお持ちの方のみ対象)

【価格】463円+税(税込:500円)

【収録曲】「シンドバッド」1曲収録

【販売枚数】3,131枚限定

■ 海外ツアー

SILENT SIREN WORLD TOUR 2017『新世界 -The New World-』

香港公演:2017年9月23日(土)、2017年9月24日(日)

ジャカルタ公演:2017年9月30日(土)

台北公演:2017年10月4日(水)

ロサンゼルス公演:2017年12月1日(金)

サンフランシスコ公演:2017年12月3日(日)