こんにちは、モデルのAYUMIです^^旦那さんと2人の子どもの4人家族☆日々の食事や健康につながること、大好きなアウトドア、家族や友達と過ごす大切な時間など、暮らしにまつわることを発信していきたいと思います。体にいいことが好きなので、みなさんの“暮らしのヒント”につながっていただけるとうれしいです♪

ずっと興味があったオーガニックアドバイザーの勉強をして、先日、検定に合格することができました。


欧米ではかなり暮らしに根づいており、日本でもここ数年よく見かける”オーガニック”という言葉。オーガニックとは、農薬や化学薬品を使わず自然本来の力だけでつくられた、自然にも身体にも優しい商品をさします。オーガニック(有機)野菜などは、皆さんもなじみがあるのではないでしょうか。

食品だけでなく、オーガニックコットンや、オーガニックシャンプーなど日用品でも身近になってきている”オーガニック”ですが、いざ勉強してみると、とても奥が深いと感じています。

オーガニック野菜は、まずは生で食べるのがおすすめ!

オーガニックを選ぶ大切さは、食べる人の体のためだけではなく、地球の自然環境にも大きな影響を果たすこと、そして、自然を守ることに繋がっていることを学びました。野菜ひとつとっても、化合物を畑に入れずに自然の摂理にそって育てられることが大切。

手間暇かけてつくられていて、そして化学薬品が使われていないことなどを知ると、高価格の理由も納得なのですが…まだまだオーガニックのお野菜はどうしても少し手が届きにくいと感じてしまいますよね。


実際わが家でも、オーガニック野菜はたまに買うくらいなのですが、ときどき、和歌山県のオーガニック農家「愛足るベジタブル」のお野菜をお取り寄せしています。

無農薬野菜は、どれもおいしい! 先日は、無農薬野菜のリーフを使って、生野菜のサラダをつくりました。


サラダの材料は、オーガニックリーフ、オーガニックのラディッシュとリンゴ。しょうゆ麹と白バルサミコ、オリーブオイルを混ぜてつくったドレッシングをかけていただきました。

おいしい野菜は、シンプルに調理して取り入れるのがよいなぁと思っています。オーガニック野菜のいいところは、もちろんものにもよりますが、皮も含め野菜を丸ごと食べられること。野菜本来のおいしさを感じられます。生野菜のサラダは、野菜や果物を生で食べることで食物の酵素を積極的に取り入れる、ローフードの観点からもおすすめです。

安心して食べられ、身体にもうれしいオーガニック。暮らしのなかで無理のない範囲で取り入れてみるのが、心地よいことだと思っています♪少しでも試してみると、その食べ心地、使い心地のよさを感じられるはず。調味料など加工食品にも、オーガニックマークがついた商品が売っているので、興味がある方はぜひ試してみてくださいね。

【AYUMI】
ティーンのころからファッションモデルとして活躍。結婚・出産を経た現在は、ファッション誌、主婦向け雑誌やカタログ、テレビなどに出演し幅広い層から人気を得ている。ローフードマイスターやスーパーフードマイスター、オーガニックアドバイザーの資格を取得しており、著書に『さいしょは、フルーツ』(主婦と生活社刊)、『AYUMIのアウトドアクッキング』(講談社)などがある。自身の食卓レシピをまとめた『ローフード・発酵・雑穀でつくるAYUMIごはん』(主婦と生活社)が11/24発売予定。