松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

CIMBクラシック3日目…この日のベストスコア「63」で首位と6打差の4位タイに浮上

 米男子ツアーの2017-18シーズン第2戦「CIMBクラシック」は3日目の14日、世界ランク3位の松山英樹(レクサス)が怒涛の5連続バーディーを含む9バーディー、ノーボギーの猛チャージ。この日のベストスコア「63」をマークし、通算15アンダーの4位タイで最終日を迎える。米ゴルフ専門チャンネル「ゴルフチャンネル」は、日本のエースを3日目の「ラウンド・オブ・ザ・デイ」に選び、「マツヤマには注意しなければならない」と最終日の“キーマン”に挙げた。

 通算6アンダーの8位タイから出た松山は、4番パー3でバーディーを奪うと、そこから一気にエンジン全開。8番でショートパットを決めるまで怒涛の5連続バーディーを決め、前半だけでスコアを5つ伸ばした。

 後半も勢いは止まらず、10番パー5でバーディー。さらに、16番では第2打で残り98ヤード(約90メートル)の距離からピンそばにピタリとつけ、しっかりとバーディーを奪った。17番、18番でもバーディーを奪い、この日は9バーディー、ノーボギー。通算15アンダーの4位タイとし、PGAツアー公式ツイッターも「バーディーの波が来た」と報じていた。

 単独首位で出たパット・ペレス(米国)も9バーディー、1ボギーの「64」で回り、通算21アンダーでその差は6打。2位のザンダー・シャウフェレ(米国)、3位のサン・カン(韓国)とは、それぞれ2打、1打差となっているが、ペレスを上回る3日目のベストスコア「63」を叩き出した松山の注目度は増している。

米専門メディアも最終日のチャージに注目「競り合いに慣れている存在」

 米ゴルフ専門チャンネル「ゴルフチャンネル」は、松山をこの日の最注目ポイントとして「ラウンド・オブ・ザ・デイ」に選出。「全米プロゴルフ選手権以来となるTOP10入りに大きく前進した」と報じるとともに、最終日の“キーマン”に挙げている。

「ペレスは引き続きパターの好調を維持し、シャウフェレを抑えることができるか。この上位2選手は、マツヤマにも注意しなければいけない。彼は最終ラウンドでの競り合いに慣れている存在だ」

 松山は昨季、6月の全米オープンで最終日に8バーディー、2ボギーの「66」をマークし、メジャー自己最高の2位タイでフィニッシュ。8月の世界選手権シリーズ・ブリヂストン招待でも大会レコードタイとなる「61」と圧倒的なパフォーマンスを見せ、通算16アンダーで優勝を飾っている。

 無類の強さを発揮してきた「サンデー・ヒデキ」で、今季ツアー初Vを狙う。