音楽だけでなく、ダンスやスステージ演出などパフォーマンスの部分でも、最先端のトレンドを取り入れているw-inds.

写真拡大

最先端の音楽を自ら作り出し音楽シーンに投げかけるw-inds.が、最新アルバム『INVISIBLE』を引っ提げた全国ツアー「w-inds. LIVE TOUR 2017 "INVISIBLE"」を敢行。9月27日に3年半ぶりとなる日本武道館公演で、日本公演のファイナルを飾った。今ツアーは、w-inds.がここ数年発信し続けていた、海外の音楽シーンのトレンドを取り入れた最先端の音楽を、パフォーマンスに昇華して届けるライブになっている。同時に、ダンスのトレンドも最先端を追うw-inds.は、6人のw-inds.ダンサーと共に圧巻のダンスパフォーマンスを見せつけた。今回、ライブのダンスパフォーマンスにフィーチャーして、武道館公演のレポートをお届けする。

【写真を見る】w-inds. LIVE TOUR 2017“INVISIBLE” / ツアーファイナル・日本武道館公演のライブフォトはコチラから!

■ 最先端の音楽をダンスエンターテインメントに仕上げたダンサー達

まず、ライブレポートに入る前に、今ツアーに参加したダンサーを紹介したい。

ライブの演出は、w-inds.、倖田來未、SUPER JUNIOR、Da-iCEなど、人気アーティストを担当するMASAOが入り、ダンサーはRADIO FISHのSKILL-MASTERとしてアーティスト活動も行なっているShow-hey。倖田來未、SUPER JUNIORなど有名アーティストのバックダンサーを経験してきたMASATO。SKY-HIダンサー(THE SUPER FLYERS)として活躍中のMoney。「Time Has Gone」を振付したニューフェイスのkooouya。8年ぶりに起用された女性ダンサーで、三浦大知ダンサーズとして昨年からライブに参加している、Miu IdeとKANATAの計6人が、w-inds.と一緒に質の高い音楽とダンスでライブパフォーマンスを見せた。

今ツアーは“w-inds.の最先端をいく音楽が話題を呼んだ”という背景を持つツアーになっていたのもあり、メジャーデビューから16年経っているアーティストであるが、新しいw-inds.を見せるという特別な意味を持ったツアーになっていたように思う。その音楽性をより高いパフォーマンスに昇華するために、今回のツアーではいつも以上に幅広いダンスパフォーマンスが取り入れられていた。

ライブのスタートを飾ったのは「Come Back to Bed」。いきなりチルアウトな曲で始まるのも、音楽を聴かせる今のw-inds.ならでは。自分たちのアイデンティティを真っ先に見せるセットリストに、彼らの音楽スタイルへのこだわりを感じる。続く「Backstage」で幕が上がり、ダンサー6人も登場。9人横並びで見せるダンスは、日本武道館の横幅全体を使っていて迫力満点。それでいて、ダンスの構成もしっかりしているので、w-inds.とダンサーという見え方でなく、9人でライブパフォーマンスをしているように見えた。

「Complicated」ではセクシーな世界観にあったダンス、「No matter where you are」ではセンターステージに移動して、余韻のあるダンスパフォーマンスを見せつける。その中にもキャッチーな振付が取り入れられていて、難しすぎないように作り込まれているのが印象的だった。これはダンスだけでなく、w-inds.の音楽にも通じていることだと思う。

海外のトレンドをいち早く取り入れた最先端の音楽とはいえ、敷居が高いようには感じず、すんなり耳に入ってくるのは、w-inds.自体のボーカルにあるのではないだろうか。そう感じさせたのは「TABOO」を披露した時で、この曲は橘慶太の高音のボーカルとハモリがキレイなのだが、彼の高音域のボーカルは、もはや楽器の域に達していると感じた。ダンサーにとって、踊っていて気持ちいい音楽を奏でているグループだと、改めて再認識させられた。

その集大成としてダンスとの強いシナジーを感じたのは、橘慶太がセルフプロデュースした「We Don't Need To Talk Anymore」だ。ディープハウスを取り入れたサウンドで、まずもって日本でこんなカッコいい音楽を奏でるダンスボーカルグループは、w-inds.くらいだろう。ダンスも音ハメポイントが満載の中、そこを取るんだという特殊な取り方をしてみたり、サビ部分のキレ、緩急、ストップなど、あらゆるダンススキルが詰まったパフォーマンスを圧巻だった。

■ w-inds.の進化は止まらない! 表現の幅広さで見せる楽曲の世界観

「wind wind blow」では、女性ダンサーの二人が白いベールを持って登場。楽曲の風がそよぐ表現を、女性ならではのしなやかさを生かしたJAZZベースの踊りで、作り上げていき、w-inds.はしっとりと歌い上げる。そして、ソロコーナーで披露した千葉涼平の「In your warmth」でも女性ダンサーを起用し、愛の誓いを歌った世界観を視覚化するために、男性ダンサーもパフォーマンスに参加し、ペアダンスで男女の愛を表現した。

このダンサーを使った表現方法も、今回のツアーの見所ではないだろうか。柔らかくしなやかなダンスは女性特有のダンススキルであるし、男女のペアダンスは女性ダンサーがいないと成り立たない。この8年間、女性ダンサーを起用せずライブパフォーマンスをしてきたが、ツアーで新しいw-inds.を見せたい彼らにとって、新たな境地を切り開いたと同時に、音楽の表現幅を広げるための方法を増やしたといっていいだろう。

今まで披露してきた楽曲やこれから披露する楽曲全てに言える事だが、w-inds.のダンサー達は"NEW SCHOOL HIPHOP"を踊っているダンサーだ。簡単に説明すると、JAZZ、LOCKやPOPなどの他ジャンルをHIPHOPに取り入れた形で、人によってまったくスタイルの違うオリジナリティが強いダンスをするスタイルだ。そのため、いろいろなタイプの表現やダンスを高いクオリティで見せられる。

このダンサーの特徴が非常にw-inds.の音楽性に合っているし、彼ら自身も音楽とダンスに対してかなり幅広く表現できるアーティストなので、今ツアーは、w-inds.の表現幅の広さを体感できるライブになっていた。

■ 斜めのステージを使った新感覚のダンスパフォーマンス

今ツアーの舞台セット最大の特徴として、プロジェクションマッピングに対応した斜傾ステージが上げられる。ザ・ウィークエンドを思わせるセットに、ニヤリとした音楽ファンもいたのではないだろうか。ライブはストリートなサウンドがなり始めると、ステージ上をマウンテンバイクが駆け巡るエキサイティングなパフォーマンスで、歓声があがる。その勢いのまま、80年代風味のギラギラしたファンクナンバー「Boom Word Up」で会場は大盛り上がり。続く「Players」「Drop Drop」もサウンドと世界観に合ったダンスで楽曲に色をつけていく。

この斜傾ステージ、ダンスしづらいのでは?と思った人もいると思うが、実はダンスのために作られたセットのように思える。斜めになっていることで、どこから見ても9人のダンスパフォーマンスを全体でみることができるのだ。ダンサー全員を見せたいのであれば、段を組んだセットにすればいいと思うかもしれないが、それではダンス中の移動ができないので、ダンスの構成で見せるということが出来なくなる。もちろん、プロジェクションマッピングを見せるためという理由もあるかもしれないが、ダンス的にはそういう利点があり、これは新しい舞台の見せ方だと感動すら覚えたほどである。

そして、ついにこの日リリースとなった新曲「Time Has Gone」へ。この曲のみ、手持ちのスマートフォンで動画の撮影可能という企画が実践され、こういった演出も海外を意識しているなとアンテナの広さを感じさせる。前作の「We Don't Need To Talk Anymore」をブラッシュアップした曲ということもあって、ダンスパフォーマンスもよりエッジーになっていた。時間を意識した音の取り方や、HIPHOP系の振付でありながら、歌詞の表現も拾っているダンスは、センスの塊である。サビを全員で踊る姿も圧巻で、特に後半の畳み掛けは息を飲むパフォーマンスだった。

ライブも終盤戦に突入。アルバム『INVISIBLE』初回盤に付いてくる“Reflection Remix by DMD”に収録された、w-inds.珠玉のダンスナンバーが、日本武道館を揺らす。「Let's get it on」では、千葉涼平が得意のブレイキンでパワームーブを見せ会場に歓声を生み出し、「Superstar」は、プロダンサーのショーケースとなんら変わらないダンスムーブを見せ、「SAY YES」では、斜めのステージでフロアムーブをやるという荒技も見せた。

本編ラストを飾ったのは「New World」。2010年の曲だが、ダンサーのkooouyaが、リミックスバージョン用に新しく振付したもので、橘慶太が「ずっと求めていた振付」とまで言わせた新バージョンでパフォーマンスを披露。ザ・チェインスモーカーズを意識した振付は、移動さえも音ハメしてしまうカッコよさで、音楽とダンスがここまで一つになるんだと感じさせる。一体となったライブは、ファンが生み出すクラップと歓声に包まれ幕を閉じた。

■ w-inds.はダンサーにとって、今後夢の舞台になる

鳴り止まないアンコールを受けて、再登場したw-inds.。「In Love With The Music」では、ステップ多めの振付で、ドルフィンを全員でキメるなど、体力の限界を超えても、ダンスと歌を届ける。アンコールラストは2ndシングルの「Feel The Fate」を披露。ファンと掛け合いがあるこの曲は、この日最大のシンガロングを生み出し、日本武道館を一つにした。

ライブ全体を通して、やはりw-inds.は日本のアーティストの最先端を進んでいるグループだと確信。海外のトレンドをいち早く取り入れる音楽性、個々のパフォーマンス力の高さ、自ら音楽を作るクリエイティブさ、この全てを兼ね備えているダンスグループはw-inds.だけだろう。

ダンスとアーティストを職業という観点で見ると、w-inds.はダンサーにとって、夢の職場になりうる存在だと推薦したい。洋楽でダンスをすることが主流のダンスシーンで、w-inds.の音楽は好みにあったものであるし、ライブを見ていればわかるが、ダンサーへの理解や愛も深い。そして、本人達もダンススキルが高いし、アーティストでしか経験できないような表現力もあるので、ダンサーから見ても学べるものが多いのも特徴だ。

バックダンサーという仕事は、アーティストありきの仕事だ。日本のダンサーレベルが上がり、ダンサーが増えている現状で、高い音楽性とステージングを用意できるアーティストは日本にどれくらいいるだろうか。加えてダンサーにリスペクトを持ってくれるアーティストになるとさらに数は減るだろう。そう考えると、w-inds.は今後、ダンサーが夢の舞台として憧れる存在になるのではないかと期待せざるを得ない。

「Feel The Fate」で、当時の振付を踊るというファンサービスがあったが、新機軸を打ち出すツアーで、最後にファンを喜ばせるパフォーマンスをするあたり、w-inds.の優しさと配慮を感じた。MCで橘慶太が「みんなの力を借りてステップアップしていきたい。スキル上げていきます。15周年のときも言ったけど、安心して付いて来てください」とファンに言葉を投げかけた通り、w-inds.は状況を見ながら今後も進化し、音楽シーンをひっくり返す可能性を持った希少なアーティストである。彼らが変える日本の音楽シーンは明るいものだと期待させてくれるライブであった。

■ SETLIST(2017.9.27@日本武道館)

1. Come Back to Bed

2. Backstage

3. Complicated

4. No matter where you are

5. TABOO

6. CAMOUFLAGE

7. wind wind blow

8. We Don't Need To Talk Anymore

9. Separate Way

10. In your warmth

11. A trip in my hard days

12. ORIGINAL LOVE

13. Boom Word Up

14. Players

15. Drop Drop

16. Time Has Gone

17. Let's get it on(Reflection Remix by DMD)

18. Superstar(Reflection Remix by DMD)

19. SAY YES(Reflection Remix by DMD)

20. New World(Reflection Remix by DMD)

EN1. FANTASY

EN2. In Love With The Music

WEN. Feel The Fate

■ New Release Information

・39th Single「Time Has Gone」2017.9.27 on sale

・DVD / Blu-ray「w-inds. LIVE TOUR 2017“INVISIBLE”」2017.11.29 release