大好きな彼女であっても、気持ちが冷めていってしまったら、別れを考えてしまうこともあるはずです。

では男性は、どういったことが大きなキッカケとなって別れを決意するものなのでしょうか?



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男が“彼女との別れ”を決心する瞬間を紹介します。

 

■「性的魅力」を感じなくなった

やはり彼女に対して性的な魅力を感じられなくなったら、“女”としても見ることができなくなります。それでは彼女として付き合っていくことも難しくなってしまうはず。もはや家族や友達のような感じにもなってしまうことでしょう。

お風呂上りに裸でウロウロしたり、ゲップやおならを平気でするようになったりなど、彼女に恥じらいがなくなってくると、男性はかなりガッカリするものです。また、付き合う前よりかなり太ってしまったりするのも、エッチをしたいと思えなくなる大きな原因になるので注意しましょうね。

 

■「信頼関係」がなくなった

彼女との間に信頼関係を築けなくなると、一緒にても不安になるだけですし、結局は付き合いを続けていくことができなくなってしまうでしょう。彼氏を裏切るようなことをするのはもちろんダメですし、疑われてしまうような行動を取ることも避けるようにするべきです。

また、彼氏に対して疑いの目ばかりを向けるのも、信頼関係が崩れる原因になります。常に頭ごなしに疑われてばかりいたら、彼氏だってさすがに腹が立つでしょう。まずは信じてあげる心を持たないと、一緒にいたいとは思ってもらえませんよ。

 

■一緒にいるのが「ストレス」

一緒にいると落ち着くとか楽しいとか癒されるといった気分になれるのが恋人の存在です。それがいつしか一緒にいることが苦痛でストレスになってくる。そうなってしまったら、さすがに別れも考え始めるでしょう。

すぐに怒り出したり、彼氏にダメ出しばかりをしたり、ひとりでずっと喋っていたり、ワガママばかりを言ったり……。そんなことが多くなると、一緒にいるのがストレスでしかなくなるはず。彼氏の気持ちも考えて行動をしないと、捨てられてしまう可能性も高くなりますよ。

 

■他に「気になる女性」ができた

他に気になる女性ができた場合、やはり心は大きく揺れ動いてしまうものです。そして、彼女よりもその女性への気持ちの方が大きくなった瞬間に、男性は彼女との別れを決意するのでしょう。

付き合っていることで安心しきってしまうと、彼氏への扱いが雑になったり横柄になったりもしやすいです。他の女性に目が向いてしまわないように、普段から彼氏に刺激を与えたり、愛情を注ぐことは絶対に忘れてはいけないことですよ。

 

付き合いも長くなってくると、どうしても慣れが生じてきたりもするもの。そうなると、飽きやマンネリにもつながってしまいやすいので、馴れ合いのような関係にはならないように気をつけることが大事でしょう。

【画像】

※  fizkes/shutterstock