【警告】G大阪=なし 新潟=山崎亮平(22分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】小川佳純(新潟)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ29節]G大阪0-1新潟/10月14日/吹田S
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 5
ポゼッションで上回りながら、最終局面でのアイデアを欠いて3連敗。守備も、前半から度々スペースを突かれてピンチを招くなど、安定感がなかった。
 
【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
15分に、小川と1対1場面を迎えるもシュートコースを塞いでピンチを阻止。その後も何度か好守を見せていただけに、67分の失点は悔やまれた。
 
DF
22 オ・ジェソク 5.5(72分OUT)
試合序盤は、背後を執拗に狙ってきた山崎の対応に苦戦。時間の経過とともに落ち着きを取り戻したとはいえ、本来の出来ではなかった。
 
2 三浦弦太 5.5
背後のスペースを狙われてピンチを招く。対人守備での強さは際立ったが、盤石とは言い難いパフォーマンスだった。
 
15 今野泰幸 5.5
バイタルエリアで容易く突破を許すなど“らしくない”プレーが散見。ビルドアップの精度にも問題があった。
 
4 藤春廣輝 5.5
攻守に奔走していたが、対面したホニのスピードに苦戦。左サイドであっさり突破を許すなど、軽いプレーが気になった。
 
MF
8 井手口陽介 6
鋭いボールカットからカウンターの起点に。チャンスにはあまり絡めなかったが、球際の強さ、縦への推進力が随所で光った。
 
7 遠藤保仁 6
攻守のつなぎ役としては機能。積極的に守備にも精を出してはいたが、攻守の切り替えがやや鈍かったか。
 
24 井出遥也 5.5(65分OUT)
前半はキレのある動きで敵DFを翻弄。右サイドで上手く起点になるなど、まずまず機能していたが、後半は一転してトーンダウンした。
 
39 泉澤 仁 5
左サイドでボールを受けた後のアイデアが乏しかった。得意のドリブルを生かし、味方との連係から崩すシーンを見せたかった。
FW
20 長沢 駿 4.5(54分OUT)
良いところなく、54分に早々と交代。効果的なクロスが少なかった影響もあってか、自慢の高さもまったく生きていなかった。
 
11 ファン・ウィジョ 5.5
前線を幅広く動いてパスを受けようとするあまり、ゴール前での迫力を欠く。上手く起点を作るシーンもあまりなかった。
 
交代出場
MF
23 中原彰吾  5(54分IN)
井手口とともにボランチを形成。プレーに気迫は感じられたが、効果的なチャンスへつながらなかったのは残念だった。
 
DF
14 米倉恒貴  5(65分IN)
投入直後は右サイドハーフ、赤粼を投入後は右SBを務める。機を窺い、積極的な攻撃参加を見せるも、アピール不足に。
 
FW
53 赤粼秀平  5.5(72分IN)
アグレッシブにゴールへ向かい、推進力を生み出す。リーグ初ゴールへの期待も膨らんだが、またしても結果を出せず……。
 
監督
長谷川健太 5
狙いとする戦いを表現できないまま、新潟の気迫に屈する。主力選手を故障や出場停止で欠いたとはいえ、評価に値しない采配だった。
【チーム採点・寸評】
新潟 6.5
手堅く守りながら、相手の隙を突く狙いが奏功。ミスも散見されたが、組織力ではG大阪を上回る戦いを見せていた。
 
【新潟|採点・寸評】
GK
1 大谷幸輝 6.5
冷静な対応で完封勝利に貢献。DF陣と連係しながらゴールマウスを守り、終盤のピンチも上手く乗り切った。
 
DF
8 小泉 慶 6
守備に軸足を置いてプレー。状況に応じて攻撃にも加担していたが、あまりリスクを冒さず、バランスを意識していた印象だった。
 
50 富澤清太郎 6.5(72分OUT)
空中戦、地上戦とも安定感を示す。自陣ゴール前では機敏に動いて、マッチアップしたファン・ウィジョから自由を奪った。