[10.14 J2第37節 岐阜0-2徳島 長良川]

 J2リーグは14日、第37節を各地で行い、6位の徳島ヴォルティスはアウェーでFC岐阜に2-0で勝利した。2連勝で5試合負けなし(2勝3分)とした。

 岐阜は前節の大分戦(△3-3)と同じ先発。一方の徳島は前節の群馬戦(○4-1)から2人を変更し、MFカルリーニョスとFW山崎凌吾に代わって、DFキム・ジョンピルと岐阜県出身のMF杉本太郎を起用した。

 先に決定機をつくったのは岐阜だった。前半33分、FW田中パウロ淳一の縦パスに抜け出したDF大本祐槻が右サイドからクロス。FW古橋亨梧がヘディングで合わせ、先制点かと思われたが、クロスの時点でゴールラインを割っていたとして得点は認められなかった。

 一方の徳島は徐々にアクセルを踏み込む。前半35分、MF岩尾憲の右CKをキム・ジョンピルが頭で落とし、ボールを受けたDF藤原広太朗がバックパス。左サイドから杉本がシュートを放ったが、GKビクトルに阻まれた。

 前半39分、FW渡大生のパスを受けたMF内田裕斗のシュートもビクトルがストップ。前半アディショナルタイムにも徳島が決定機をつくるが、MF馬渡和彰の右クロスに合わせた杉本のヘディングシュートはまたしてもビクトルのビッグセーブに阻まれ、スコアレスで前半を折り返した。

 後半2分、思わぬ形から徳島に先制点が入る。徳島陣内から岐阜DF阿部正紀が自陣ゴールに向かって大きくバックパス。これが岐阜陣内のスペースに流れ、ゴールを空けてビクトルが飛び出していったが、徳島の内田が一歩早く追いつき、ビクトルをかわして無人のゴールに流し込んだ。

 さらに追加点を狙う徳島は後半25分、MF前川大河に代えてMF小西雄大、同32分にはFW島屋八徳に代えて約5か月ぶりの復帰となるDF広瀬陸斗を投入。同35分、最終ラインからの縦パスを広瀬がそらし、渡がダイレクトで流し込んだが、オフサイドを取られた。

 それでも徳島は後半42分、単独突破をしかけた渡がDF田森大己に倒され、PA付近でFKを獲得。キッカーを務めた岩尾は右足で壁の脇を抜く弾丸シュートを叩き込み、リードを2点に広げることに成功した。2-0の完封勝利で2連勝を飾った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第37節1日目 スコア速報