逸機を悔やむ大宮FW江坂任

写真拡大

[10.14 J1第29節 横浜FM1-1大宮 日産ス]

 責任を痛感していた。大宮アルディージャは前半18分に先制し、前半を1点リードで折り返すと、後半立ち上がりには前がかりになる横浜FMに対し、カウンターから立て続けに決定機を迎えた。

 後半4分、FWマルセロ・トスカーノがドリブルで持ち上がり、ゴール前のFW江坂任にパス。しかし、江坂のシュートはDFのブロックに阻まれ、こぼれ球に詰めたマルセロ・トスカーノのヘディングシュートもDF中澤佑二にクリアされた。

 さらに後半12分、自陣深い位置からMFマテウスがクリアしたロングキックが絶妙なラストパスとなり、江坂が最終ラインの背後を取る。ドリブルで持ち込み、GKと1対1の絶好機を迎えたが、右足のシュートはゴール右に外れた。

 すると、その直後にMF中町公祐にミドルシュートを決められ、失点。これには伊藤彰監督も「先にもう1点取るチャンスがあったが、決め切れず、逆にその時間帯に失点した」と嘆く。2-0としていれば、また違った展開になっていたが、最悪の時間帯に追いつかれ、そのまま1-1の引き分けに終わった。

 決定機を生かせなかった江坂は「(失点は)俺があそこで外したところから始まっている。すべて俺のせい」と唇を噛んだ。17位の大宮は2試合連続ドローで7試合勝ちなし(4分3敗)。この日、残留を争う13位清水と15位広島は敗れたが、14位札幌は勝利した。「勝ち点3が欲しい試合」(伊藤監督)だったが、勝ち点1を上積みするにとどまり、江坂は「内容はどうでもいい。(大事なのは)結果なので」と、短い言葉に悔しさをにじませた。

(取材・文 西山紘平)


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J1]第29節1日目 スコア速報