今年はちょいハロ、ちょいコス!オススメのハロウィンファッション

写真拡大

またハロウィンの季節がやってきた。日本ではハロウィンが定着しつつあるが、ハロウィンといえばコスプレが代名詞。みなさん、今年するコスプレの準備は進んでいるだろうか。以前、「教えて!goo」では「【ハロウィン】メガネ男子がメイクでキャットウーマンに変身してみた!」という記事で、ハロウィンに向け、メイクでメガネ男子がキュートなキャットウーマンに変身していく姿を動画で紹介した。

だが平日のハロウィンともなると、衣装や道具を持参し、会社に通勤、仕事の後に着替えるというのもなかなか大変。何よりも大荷物で満員電車に乗ることは現実的ではない。そこでコスプレ以外でハロウィン気分を楽しめるファッションがないか、専門家にアドバイスをもらった。

■コスプレよりもハロウィンファッションが人気!?

「今年はちょいハロ、ちょいコスのかわいい仮装が好まれます。本格的な仮装やゾンビなどのホラー仮装は、イベント参加者が中心です。ちょっとハロウィンを楽しみたい、そんな人にはホラー系は好まれず、カワイイ系に人気が出るように思います」(岡本さん)

教えてくれたのは、日本ハッピーハロウィン協会の岡本恭和さんだ。どうやら今年は本格的にコスプレするより、ちょっと仮装する程度のコスプレが人気なのだという。

がっつりメイクよりも、魔女のようなかわいい系のキャラの衣装をちょっとだけ(一部だけ)身にまとって、ハロウィンムードを楽しみたい人が多いのかもしれない。コスプレよりもファッションの延長といった感覚が主流になれば、社会人でも気軽に楽しめそうだ。

■女性にオススメのハロウィンファッション

では、具体的に社会人でも簡単に楽しめるハロウィンファッションとはどんなものなのか? まずは女性のファッションについて聞いた。

「たとえばカラーリングをしてみたり、トップスをちょっとかわいいドレス風のファッションにしてみるのはどうでしょうか。ほかにも、ハロウィンカラーのスカーフ、誰でもかわいくなれる猫耳、デビルのカチューシャ、魔女の帽子、ハロウィンを感じさせるヘアピンなどのヘアアクセサリー、ヘアゴム、ピアス、ネイルを活用するのもいいですね。またハロウィンメイクはせず、100均で販売しているフェイスペイント、タトゥーシールなども使ってみるといいと思います。ボディショップで販売しているバニラパンプキンのハンドクリーム、ボディバターなどをつけ、香りでハロウィンを楽しむ方法もありますね」(岡本さん)

猫耳、デビルのカチューシャ、魔女の帽子などは、ファッションとして身に着けてみたい女性も多いのでは? ワンポイントだけでもハロウィン気分が一気に高まるため、それに合わせ普段の洋服をハロウィンっぽくコーディネイトできると、お金もかからず楽しめそうだ。

■男性にオススメのハロウィンファッション

一方、男性についてはどうだろう。

「たとえばハロウィンピンバッチ、ほかにもポケットチーフ、ハロウィンカラーのワイシャツ、ハロウィン柄のネクタイ、同じくハロウィンモチーフのネクタイ。紙の仮面、目玉やスカルのシルバーアクセサリー等が挙げられると思います」(岡本さん)

女性に比べ、男性はファッションの幅は少なくなってしまいがち。だが派手さを好まない男性なら、女性と同じようにピンバッチやアクセサリーを身に着けるだけでも、気軽にハロウィンムードを楽しめるのでは?

ハロウィンカラーといえば、ジャック・オー・ランタンのカボチャの色を筆頭に、骸骨やお化けや不気味な屋敷を連想させる紫、白、黒、血液の赤なども挙げられるだろう。

ハロウィンカラーを積極的に取り入れながら、なにかハロウィングッズをワンポイントで身に着けられると、社会人でも気軽にハロウィンを楽しめると思う。ぜひコーデの際は、参考にしてみてはいかがだろうか。

【取材協力】
日本ハッピーハロウィン協会

柚木深つばさ(Yukimi Tsubasa)