これは欲しくなる! ThinkPad誕生25周年記念限定モデル

写真拡大 (全4枚)

マットブラックの筐体に赤いトラックポイント、重厚で洗練されたデザインに憧れた人は多いはず。言わずと知れたラップトップの名門ブランドThinkPadは、今年10月についに誕生25周年を迎えました。これを祝うアニバーサリーモデルがLenovoより登場、その名もずばりの「ThinkPad 25」です。

1992年10月、初代ThinkPadこと「ThinkPad 700C」の誕生以来四半世紀、時に紆余曲折を経ながら、ThinkPadはいまだ揺るぐことのないトップブランドとしてユーザーからの厚い信頼を集めています。

今回のモデルの開発にあたっては、こうした世界中のファンからSNSを通じて要望を集めたとのこと。バックライト付きの7列キーボード、専用音量ボタン、マルチステータスLEDランプ、RGBの3色ロゴなど懐かしいディティールの数々は、オールドファンなら感涙ものです。

クラシックなデザインから翻って性能面に目を向ければ、CPUはIntel Core i7-7500Uプロセッサ、GPUはNVIDIA GeForce 940MX、ディスプレイはフルHD表示&タッチパネル対応の14型IPS液晶など、スペシャルモデルにふさわしい最新スペックを搭載しています。10月6日より予約受付中、国内1000台の数量限定で価格は19万3860円。うーん、これは欲しい!

>> レノボ・ジャパン「Lenovo ThinkPad 25」

 

(文/&GP編集部)