王者スタバにミニストップも大健闘!コンビニで買えるチルドカフェ辛口採点15選

写真拡大 (全31枚)

コンビニやスーパーで手軽に買えるチルドカップ。メジャーブランドの加糖タイプを中心に、15製品を辛口採点してみました。


コーヒーショップに匹敵
するおいしさはどれか


カフェラテはコーヒーショップで飲むだけのものではありません。コンビニやスーパーの「チルドカップ」コーナーには、さまざまな種類の「カフェラテ&オレ」が並んでいます。「苦味」をウリにした製品や「ミルクたっぷり」の製品など、いろんな味の違いはありますが、本当においしいものはいったいどれなんでしょう?

そんな疑問にお答えすべく、今回、「スターバックス」や「ドトール」といった有名コーヒーショップの看板を背負った製品から、コンビニのオリジナル製品、さらに、「トップバリュ」などのプライベートブランドまで、幅広くピックアップした15製品を一斉に飲み比べてみました。


【評価方法】
コーヒーの専門家、カフェズ・キッチン学園長の富田佐奈栄さんと一般モニターが商品を飲み比べて、評価項目を採点。「おいしさ」と「香り」は得票に応じて、「コスパ」は100mlあたりの単価を基準に5点満点で評価。その合計からA〜Dで総合評価しました。

おいしさ:ミルクの味わいや、ミルクとコーヒーのバランスが取れているか
香り:コーヒーの香りを感じられるか
コスパ:100mlあたりの単価を算出して評価


カフェ・ラテとカフェ・オレは
どう違うのか教えて!


「ラテ」と「オレ」の違いは、「エスプレッソ」か「ドリップコーヒー」かどうかの違いですが、意外と混同しがち。コーヒーとミルクは基本は同量ですが、実際は店舗によって異なります。ちなみに、「ラテ」はイタリア語、「オレ」はフランス語で、両方とも「牛乳」を意味します。


【カフェ・ラテ】
エスプレッソに同量のミルクを加えたもの。エスプレッソマシーンか、マキネッタがないと自宅では淹れられません。
ひとくち飲めばエスプレッソの苦味が味わえます。


【カフェ・オレ】
ドリップコーヒーに同量のミルクを加えたもの。コーヒーメーカーやハンドドリップで淹れるので、自宅で手軽に楽しめます。
ドリップをする際には深煎りの豆を使用します。


カフェ・ラテとカフェ・オレの違いを確認したところで、さっそく採点を見てみましょう。


スターバックス カフェラテ
スタバの味が再現できている!


まずはじめに紹介するAランクのコーヒーは、コンビニで手軽にコーヒーショップの味を楽しむことができます。

スターバックス「カフェラテ」はミルクとコーヒーのバランスがよく、甘さのなかにコーヒーの苦味がしっかりと感じられます。「スターバックス」の名に恥じないおいしさです。



サントリー食品インターナショナル
スターバックス
カフェラテ
購入価格:216円(108円/100ml)



おいしさ:5
香り:4
コスパ:4


セブンプレミアム カフェラテ
自然なコーヒーの香り


ミルクが多めでも甘すぎず、コーヒーの苦味も抑えめでとても飲みやすいです。香料を使用していない、自然な香りと味わいが好印象です。



セブン&アイ・ホールディングス
セブンプレミアム
カフェラテ
購入価格:136円(57円/100ml)



おいしさ:3.5
香り:4
コスパ:5


ミニストップ カフェ・オ・レ
甘さと苦さのバランスが◎


コーヒーの苦味を味わえるビターな甘さで、すっきりした飲み心地。味は全体的に薄めだけれど、バランスはよく、コーヒーの香りも感じられます。



ドトールコーヒー
ミニストップ
カフェ・オ・レ
購入価格:138円(58円/100ml)



おいしさ:3.5
香り:4
コスパ:5


マウントレーニア カフェラッテ
定番の安定したおいしさ


エスプレッソ感のある苦味と、ミルクがほどよくマッチ。やや香料のキツさを感じるものの、バランスの取れた味わいは、さすが大定番商品です。



森永乳業
マウントレーニア
カフェラッテ
購入価格:128円(53円/100ml)



おいしさ:4
香り:3.5
コスパ:5


コメダ珈琲店 まろやかミルクコーヒー
名前通りまろやかな味わい!


実際の「コメダ珈琲店」の味に近い、コーヒーが苦手な人でも飲める、甘くてまろやかな味わい。甘みが強いので、コーヒーの香りはそれほど感じられません。



トーヨービバレッジ
コメダ珈琲店
まろやかミルクコーヒー
購入価格:209円(78円/100ml)



おいしさ:4
香り:3
コスパ:5


DOUTOR コーヒー香るカフェ・オ・レ
ほどよい苦さですっきり


コーヒーの苦味が強めで、ミルクも多すぎずすっきり飲めます。香りも高いですが、全体の味のバランスが悪い点で、やや評価が下がりました。



ドトールコーヒー
DOUTOR
コーヒー香るカフェ・オ・レ
購入価格:208円(77円/100ml)



おいしさ:2
香り:4
コスパ:5


DOUTOR 生乳たっぷりのミルクコーヒー
本当にミルクたっぷりで濃厚


パッケージ通り、ミルクたっぷりで濃厚な味わいです。甘ったるさもあるので、そこは好みが分かれるところ。コーヒー飲料としては、やや物足りません。



協同乳業
DOUTOR
生乳たっぷりのミルクコーヒー
購入価格:184円(92円/100ml)



おいしさ:4
香り:3
コスパ:5


セブンプレミアム カフェラテ ビターショット
苦味が前面に出た大人の味わい


ミルクと甘さが控えめで、コーヒーの苦味がしっかりと味わえます。甘いのが苦手な人にはオススメですが、やや苦いだけになってしまった感あり。



セブン&アイ・ホールディングス
セブンプレミアム
カフェラテ ビターショット
購入価格:136円(57円/100ml)



おいしさ:2
香り:4
コスパ:5


ファミリーマート カフェラテ
ミルク感があって甘〜い


ミルクが多めで甘みをしっかりと感じます。苦味も少なくてマイルドなので「甘党」にはぴったり。後味に香料が舌に残る感じが残念です。



ファミリーマート
ファミリーマート
カフェラテ
購入価格:135円(56円/100ml)



おいしさ:3
香り:2
コスパ:5


ローソン ウチカフェ カフェオレ
クリーミーでコクがある


生クリーム感のあるコクがある味わい。甘さも強すぎず、ミルクが多いわりにはあっさりしています。コーヒーの香りはそれほど感じられません。



フェリス
ローソン
ウチカフェ
カフェオレ
購入価格 : 136円(58円/100ml)



おいしさ:4
香り:2
コスパ:5


ミニストップ ふんわりやさしいクリーミーラテ
やわらかい口当たり


商品名に偽りなしの、クリーミーでやさしい味わい。甘みが強いので、女性や子ども向け。コーヒーの苦味や香りはほぼありません。



ドトールコーヒー
ミニストップ
ふんわりやさしいクリーミーラテ
購入価格:158円(72円/100ml)



おいしさ:4
香り:2
コスパ:5


マウントレーニア クリーミーラテ
ミルク分がなんと85%!


ミルクがたっぷりで本当にクリーミーな味わい。その分、エスプレッソをまったく感じません。ミルク多めにしてはコクは少なく、あっさりとしています。



森永乳業
マウントレーニア
クリーミーラテ
購入価格:158円(66円/100ml)



おいしさ:3
香り:3
コスパ:5


マウントレーニア 香るラテ
香りが弱く名前負けしてる


「香るラテ」というわりには香りが弱く、おいしさを感じられない。全体の味のバランスも悪く、何をもって香りをウリにしたのか疑問です。



森永乳業
マウントレーニア
香るラテ
購入価格:158円(88円/100ml)



おいしさ:1
香り:2
コスパ:5


みなさまのお墨付き カフェオレ
これはコーヒーではなく麦茶


コーヒーではなく麦茶の香りがしました。乳脂肪に近い風味を出すためか、成分に「ヤシ油」が入っているのが気になります。コーヒーと思わなければまずくはありません。



西友
みなさまのお墨付き
カフェオレ
購入価格:102円(38円/100ml)



おいしさ:1
香り:1
コスパ:5


トップバリュ カフェラテマイルド
香料くさくラテの味はしない


甘い香料がキツく、やや苦みがあります。原材料に「コーヒー抽出液」、「インスタントコーヒー」と明記されていますが、家でインスタントでオレを作ったほうがおいしいでしょう。



イオン
トップバリュ
カフェラテマイルド
購入価格:105円(38円/100ml)



<テキスト>
おいしさ:1
香り:1
コスパ:5



多くの編集部員も日頃から愛飲しているチルドカップのアイスコーヒーですが、あらためて飲み比べてみると味わいに個性があることを再確認できました。

どれもコスパは高く、A評価、B評価の商品の中からお好みの製品を選んでもらえれば、満足していただけると思います。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。