「本命彼女」だからこそ、男性が“あえて言わない”3つの言葉って?

写真拡大

「本命彼女なのか、セカンド彼女なのか」自分なりに判断する方法の1つが、“男性側の言葉を分析する”ことです。

男性が「本命彼女」に求める5つの“エロさ”って?

だからといって「彼は『好きだよ』って言ってくれるから大丈夫」「いつも褒めてくれるもん」と安心していると、数カ月後にどん底へ落とされる、なんてことも……!

実は、本命彼女だからこそ、男性があえて言わない言葉があるのです。

どんな言葉があるのか、これまで何百組ものカップルを見てきた、恋愛・夫婦力向上アドバイザーのコマツマヨさんに教えていただきました。

「将来のことを考えようね」

「え!?こんなこと言ってくれるってことは真剣なんじゃ……?」と思いたくなるのも分かりますが、「本命彼女には、真剣だからこそ軽々しく言いたくないんですよ」とコマツさん。

特に、男らしい考えの方に多い傾向だそう。

コマツさん曰く「彼らは“今、ここだ!”というところで勝負をかけたいと考えています。だって、ちょこちょこ小出しするのは男らしくないから。しっかり考えているからこそ、あえて本命彼女には言わないんです」とのこと。

女性としては、ちょこちょこ言ってもらって安心したいですよね? だからといって「将来のこと考えてる!?」などと彼に詰め寄るのもNG。彼が言葉にしてくれるまでは、あなたが出来るアピールをちょくちょくしていくくらいに留めておく方がいいかもしれません。

「また今度ね〜」

「本命彼女は、本命だからこそ、しっかりと向き合いたいと考えている男性が多いです」と、コマツさん。

だからこそ、「また今度ね〜」などといった曖昧な答えやはぐらかすような言葉は避ける傾向にあるのだそうです。

また、返答の仕方によって本命度が図れるのだとか。

コマツさんによれば「『ちゃんと考えてるよ』よりも、『○日〜○日くらいなら時間とれそうだけど、どう?』と具体的に提案してくる彼の方が、あなたへの本気度が高いです」。

今度、さりげなく「○○が気になるから、行ってみたいなぁ」などと彼に聞いてみてはいかがでしょうか?

「これでいいよね」

一見、あなたの意見や考えを理解してくれた上での言葉のように聞こえますよね?

ですが「自分の意見を押し付けず、本命彼女の話を聞いているという点では評価できます。ですが、一方では自分の考えと一致しているかどうかを、確認されている言葉でもあります」と、コマツさん。

つまりは、本命彼女かもしれないけれど、まだ品定めされている時に使われている言葉……と解釈できるのではないでしょうか。

この言葉が彼の口から出てきた時は、まだあなたは彼の本命彼女確定ではない可能性があるのです。ですから、違うのであれば違う、同じならば同じとハッキリ意思表示するようにしましょう。

そうすることで彼の心にも変化が生まれ、真の本命彼女に昇格できる可能性がぐっと高まるはずですよ。


この記事を読みながら、不安になった方もいるかもしれません。だからといって、彼に「私は本命?」と直接聞くのは大変危険です(いろんな意味で)!

これまでのやり取りを振り返ってみたり、次回のデートや電話で観察してみたりして判断してくださいね。

あなたが、真の本命彼女でありますように。

■取材協力:コマツマヨ
恋愛・夫婦力向上アドバイザー/ライター。焼酎バーの店長、ウエディンググッズデザインメーカーでの経験や姉御肌な性格を活かして、恋愛・夫婦間の問題に悩む女性向けにコラムを多数執筆。

また、洋菓子メーカーの広報主任だったことも活かして、企業ホームページライティング、社内報インタビュー、東京23区の広報誌も手がけている。